So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サーモスイッチ [FZX750(3XF)]

冷却水が吹き気味になってはじめて回るファン、新品のサーモスイッチに交換だ。

1img0682.jpg


サービスマニュアルでは、105℃でサーモスイッチがONしなければならない。
現状では反応が鈍く危なっかしので、サーモスイッチをオーダーしておいた。

でも実際、サーモスイッチってどんな感じで作動?この際実験してみよう。
ただ、大気圧下でLLCが何処まで昇温してくれるかが心配だけど。

2P1030934.JPG


フルスケール200℃の棒温度計も用意しておいた。
だけど以外に安価なのね、信頼のシンワ測定製で¥174とは。

3P1030938.JPG


テスターは導通(確認音)モードにして、サーモスイッチと接続した。
それでは楽しい実験の開始だ。



毎度この手の実験は、実に地味だ。
だけどサーモスイッチスイッチのON/OFF作動音がこんなに明確だとは、新たな発見をした。
スイッチ内部のバイメタルが、元気に動いているのね、「カツッン」って。

何よりLLCが105℃くらいまで上がってくれて安堵した。
ラジエーター内と違い大気圧そのものの実験だから、水温が上がってくれないと試せなかったし。
これで心置きなくサーモスイッチの交換だ。

4P1030949.JPG


出来るだけバラさず交換したいが、サーモユニットが邪魔だ。
なにしろサーモスイッチの6角幅は24mmだから、でかいスパナが入らない。

5P1030951.JPG


6P1030952.JPG


サーモユニットを予め外しておけば、なんとかサーモスイッチも外せる。

7img0681.jpg


この際だからサーモユニットの抵抗値が、サービスマニュアル通りか調べてみたくなった。

8P1030956.JPG


9P1030960.JPG


おお、ほぼマニュアル通りじゃないか!      使わないけど

10P1030961.JPG


今回は交換より実験が主体になってしまったけど、無事に漏れも無く終了した。
後は肝心の冷却ファン作動だ。

11P1030970.JPG


冷却ファンの回り始め温度。

12P1030973.JPG


ファン停止。

サーモスイッチの実験結果と、ラジエーターキャップの表示に違いは有るが、作動スパンは大体10℃確保できている。
ラジエーターキャップの測温部なんて最上箇所だから、スチームも結構混入している筈だ。
だからこんな感じで良いんじゃないかな。あくまで目安だもの。

実際、リザーブタンクからのスチーム吹き出しが無くなったし、これからの季節も安心だ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。