So-net無料ブログ作成

気に入らない所だって [FZX750(3XF)]

勿論、気に入ったからこのバイクを弄っているけど、やっぱり全ての箇所が好みって訳では無い。
特に何だかしっくりこないのがテール部分、ちょっと間延びしすぎている様に思っていた。

DSCN2155.JPG


まずは独立したライセンス灯を省きたいから、テール・ストップ・ライセンスを兼ねた普通のタイプに交換しよう。
こんな時ヤマハの公開パーツリストは非常に助かる。何となくXJR1200のが合いそうだ。

「何となく」と感じたら、もうオークション巡り ^^;
良かった、スペース的にはほぼピッタリで。

DSCN2159.JPG


下面がライセンス灯を兼ねた透明タイプ、これで後方の間延び分を少し解消する事が出来る。
勿論すべてがポン付けではなく、ランプユニットの取付ボルト位置が多少異なるよね。

でも仮に付けた感じがOKだから、これを使って進めて行こう。
FZXの廃盤&くたびれたのしか見かけない、より、まだ新品在庫アリのXJRだしね。

2DSCN2165.jpg


ノーマルの穴はフレームに直接設けられているから、手っ取り早いのはそれをカットオフだ。
だけど全てを取り去るのは気が引けるな。

最低限ノーマルに戻せる程度残しておくには、新たな鉄板を溶接するしかなかった。
ちょっと面倒だけど、気軽に戻せる道を断ち切るのは忍びない・・・

少し好みに近づけさせてね。



nice!(1)  コメント(0) 

研磨は嫌いだ [FZX750(3XF)]

錆び錆びのホイールはやっぱり悲しい、アルミキャストだから磨きで何とかしてやろう。
でもね、大変なんだよね・・・あらためて。

DSCN2154.JPG


後輪のもう片面、未研磨側を眺めていると何だか脱力感に襲われる。
ああ、こんなに悲惨だったのか。でも、さあこっちもやるぞ!が湧いてこないんだな。
最初の勢いは何処に行ったのやら・・・

DSCN2151.JPG


アルミホイールは鋳造後に機械切削し、表面をクリア塗装で防錆(保護)処理してある。
だけどこのクリア膜が曲者で、表面が傷つくと内部でアルミの地肌が錆びてしまう。
アルミ光沢が身上のホイールだけど、それらが発生すると逆に非常な見苦しさだ。

キラキラを均一に復活させるには、クリア塗装を全て剥がしてからの錆び取りになる。
ここまでやるのは結構大変なんだよね、いい加減#400で力尽きたけど。

DSCN2146.JPG


リアのブレーキディスク摩耗限界は8.0mm、残厚は8.05mmなので何とかOKだね。
キャリパーはこの前揉みだしで復活したし、パッドもまだ5分山残っているから大丈夫だ。
スイングアームにガタは無いし、チェーンやスプロケットもまだまだ使える。

気が付くと、肝心の残った研磨作業に中々取り掛からない・・・
やっぱり嫌いだ。



nice!(1)  コメント(0) 

雨に濡れながら [FZX750(3XF)]

うん、これで一応大丈夫だろう。
自分なりに最低限の弄りが出来たから、やっとFZXの登録を済ませてきた。

DSCN2092.JPG


予備検査は済んでいるから、あっという間に青枠付きプレートが手に入った。
記念撮影をしながらふと思ったのは、ナンバー代を支払っているのだし、望めば自分の物にならないのか?である。
抹消等の場合は返納してしまうが、運転免許証の様にパンチ穴処理後は返してもらえたり。

何に使うとかは特に無いが、裏のオイル跡を時々眺めたくなるから。

5de9a3c8.jpg


もう一つ思ったのは重量税だ。
周知の如く旧い車両ほど上がる税額だが、環境に対する事等は分かる。勿論分かる、分かるが何処かで快諾出来ない自分が居たりする。
旧いのを処理して新しいのを造るのも、それなりにロードはかかるよね、なんて。

電気自動車は確かに排ガスを出さないが、その為の電気を別に造らねばならない、みたいな。

♪雨に濡れながら佇む・・・
       by三善英史

旧い人間がふと思う雨の大宮であった。



nice!(1)  コメント(0) 

きりが無い [FZX750(3XF)]

こんな事をやっていると、あっという間に時が過ぎる。

DSCN2056.JPG


話を分かり易くするために、予めケースに収まっている時点で#1~#4とした。
勿論、やっぱり楽しい”あの”オークションで入手。いわゆる連成計なのだが、当然の如く困ったチャンが居るよね。

#2の君だけど、簡単に蓋が外れたから一応ゼロ調整をしておこう。気分・気分。

DSCN2063.JPG


画像のマイナスネジを動かしてやると、結構シビアだけど調整出来る。
物がモノだけにテキトーで止めれば良いのだが、結局夢中になってしまうんだな・・・

DSCN2067.JPG


セット直後の測定状況画像だけど、バキュームが目立ってズレているのは#1だけ。
これは直ぐに終るなと思ったのが間違えで、ここからあっち立てればこっち立たずの繰り返し、多少?ムキになったのも有るけど。

気にしだしたらそれこそ無限ループ、段々と「物がモノ」をすっかり忘れていた。

DSCN2068.JPG


気が付いたらとんでもなく時間が過ぎていて、確かにいい加減疲れたいた ^^;
まあ、こんなモンかな。

DSCN2074.JPG


標準は1000rpmで調整を詰めていくのだが、一応安定したのでアイドリングを何処まで下げられるか試してみた。
車体タコメーターも言っちゃえば目安計だけど、それ読み500rpmでもまあ無理なく回転している。

そうなるとまたまた欲が出て・・・止めた、まだ弄りたい箇所が沢山有るし。


nice!(1)  コメント(0) 

バイク自体は軽症だけど [FZX750(3XF)]

とりあえず走らせてみたいが、弄り出したらきりが無くなる。

DSCN2042.JPG


放置できないチャンバーからのガソリン滲み、パッキン交換はチャチャっと済ませておこう。

純正は良いけどやっぱり値が張る、まだ有るだけマシとしなければならないが・・・
データは記録しておいたから、次からは得意の汎用品探しをしようと思う。
このバイクもボチボチと、部品供給が怪しくなってきているしね。

img055.jpg


せっかくだから油面も合わせたくなってきたし、やっぱりサービスマニュアルが欲しくなる。
ネットで分かるとは言え、ついでにパーツリストも揃えよう。って沢山出品されているのね。

こんなマイナーバイクなのに何故?と思ったが、考えてみればFZXは教習車に使われていたから。
だから販売台数に対し整備書系は異常に出回っているが、その後の需要が少なくって助かるな。

DSCN2048.jpg


イラストの様な写真を撮りたいと悪戦苦闘しているうちに面倒臭くなり、で結局こんな画像。
毎回思うが、作業そのものより、綺麗で分かり易い撮影の方がよっぽど大変だ。
やっぱりそれなりの専門職が存在するのだね・・・

肝心の油面は全てほぼ合ったいたし、その後問題なくエンジンは再び目覚めた。
だけど更にキャブバランスも、確認しないと気が済まなくなって来るのだ。

ああ、走らせるのは何時になるやら。



nice!(1)  コメント(0) 

さあ分解だ [FZX750(3XF)]

何から手を付けて良いか迷うほど、やりがいが?有る。

DSCN1994.JPG


ブレーキの引き摺りが酷く、車体の移動に難儀するから、とりあえず前後のキャリパーからだ。
やっぱりと言うか、ああ~ってな感じだが、パッドの残厚が十分なのは救いだ。
パッドの交換云々より、飛び出しが少ないピストンは期待できるから

良かった、内部は大丈夫!
肝心の摺動部は問題なかったので、いわゆるピストンの揉み出しをしておく。
前後ともこれでとりあえず復活、バイクが軽く動く様になったので一応良しとしよう。

DSCN2005.JPG


DSCN2009.JPG


外見はそこそこにして、まずは普通に走れるようにしたいのだが、これは幾らなんでも。
2・3番に滲みはないが、外側の目立つ1・4番が酷い。
オーバーフローはしていないのだから、フロートチャンバーのシールに問題ありだ。

DSCN2012.JPG


DSCN2023.JPG


キャブASSYを外してフロートチャンバー内の確認をしてみたが、これが想像以上に綺麗で驚いた。
各ジェット類もほぼ問題無さそうなので、とりあえずケミカルで処置したら閉じておく。

DSCN2026.JPG


4連キャブはバラバラにすると後が面倒だから、外観をエンジンコンディショナーでさっぱりさせておいた。

DSCN2029.JPG


どうやら前のオーナーは多少のガソリン滲みは気にせず、普通に使っていたバイクのようだ。
でもね~もちろん交換するよ、劣化したシール類は。
一通り分解して気が済んだから、走らせてみて問題があったらその時また考えよう。

ヤマハはパーツリストを公開しているし、その在庫状況や価格もネットで分かるから助かる。
調子に乗ってパーツをオーダーしすぎるが・・・
発注はウェビックだけど、何時の間にか3000円以上で送料サービスが終了したのね。


nice!(2)  コメント(2) 

やっぱりキャブ(FZX750) [FZX750(3XF)]

あ~困ったもんだ・・・

DSCN1979.JPG


発端はとある道の駅で見かけたVULCAN S、久しぶりにグラッと来てしまった。
うんうん、優しい感じのバイクも良いよね、それでいて素敵だもの。
普通のアメリカンはダメだけど、結構好きだったELIMINATORに通じるものを感じたし。

早速試乗に行った。
当たり前だけど何の苦も無く始動し、全てを普通にそつ無くこなす乗り易いバイクだ。
違うんだな・・・良過ぎるんだな・・・

そんな時見つけたのがこれ、FZX750、あれっそう言えばこんなの有ったよな。
久しぶりだけど、何だかとっても新鮮に見えた、発売当初は気にも留めなかったけど。
当時先端を行くGenesis思想、脅威の5バルブエンジン・・・だけどコイツは超マイナー車だし、FZ系譜の異端児でしかない。
でも良いんじゃない、やっぱりキャブ車でしょ、1997年式?十分新しいではないか!

DSCN1985.JPG


まだ大丈夫な走行距離だし、いまだふけ上がりも軽やかだ。アイドリングからの繋がりにぎこちなさが有るけれど、キャブのオーバーホールで解決する程度だと思う。

DSCN1980.JPG


何故かベンチレーテッドディスクが付いているのね、まあこれも時代を感じさせるけど。
ホイールにも腐食が多いし、他にも色々手を入れたい箇所が有る。
これは結構長期戦になるかも・・・と、表情を緩めながら各所を点検しているのだった。

困った、困った。


nice!(1)  コメント(0) 

泣かないで~ [ST250E(NJ4AA)]

ディスクローターとパッドをセットで交換後500km程走ったのだが、一旦収まりかけたブレーキ鳴きが何故か激しく復活してきた。

♪俺の為に泣かないで~ by舘ひろし  

           いや、恥ずかしいからさ。注目浴びるのが・・・

DSCN1971.JPG


ホント、赤信号で止まる度に、甲高くキキキキキィは勘弁ね。
当たりはついてきてブレーキの利き自体はカッチリしてきたのに、で、パッドをバラしてみた。
完全フラットではないけれど、特に問題は無く思える。ローターの方も同様だ。

う~ん、確かW3の時も散々悩まされなぁ・・・

DSCN1969.JPG


そんな時結構効き目が有ったキタコのブレーキパッドグリスだが、まだ使い切っていないのを思い出し探し出した。
これ、評判は良いのだが5gしか入ってない割にお高い。バイクの場合大した量は使わないから、まだたくさん余っていて良かったな。

パッドの裏に薄~く塗布するだけで終了だけど、自分でも分かり易いように比較の動画を撮ってみた。



シリコングリスは塗っていたけど、効果に違いが有るのを忘れていた。
動画では意図的に鳴きが出る力の入れ具合を模索しているけど、その後秋ヶ瀬公園まで走りに(20km程)行ったら更に収まってきたのだ。やっぱり専用品はそれなりだね。
帰り道は普通にブレーキを握れば、刺さる様な視線を感じなくなった。

お願い、もう泣かない・・・



nice!(0)  コメント(0) 

スパークプラグ交換 [ミラジーノ(L700S)]

プラグを交換して一か月半ほど過ぎたので、その効果を書いても良い時期だと思う。
結論から言うと1~2km/lは燃費が向上し、アイドリング時の静粛性も改善した。

PICT0015.JPG


だけど生意気?にDOHCの4バルブなもんだから、プラグが非常に奥まった所にある。
昔からのバイク車載工具が沢山有るから、自慢じゃないがプラグレンチなんか買ったことが無い。
でも、今回はどうしても長さが足りないのばかりで、仕方なく初めてプラグレンチを買った。
エーモンで良いモンとか[眠い(睡眠)]

PICT0010.JPG


過去にバイクや車で、何度も高価なイリジウムへ期待したが、効果は気分にだけだった。
自分の性格から「古い純正をイリジウムに交換してみた」は有り得ない。
だから勿論新品同士での比較でだけど、フラマグ点火の場合にちょっと始動が良くなった?程度。

熾烈な燃費競争の軽4の場合、イリジウムくらいで変わるなら、ハナからメーカーはそうしてる。
だから迷わず普通のBKUR6EK-9にしたが、流石に95000km使ったのとは差が出て当然だね。

しかし軽は燃費が良いな~W3とほぼ変わらないもの・・・
       比較する相手が違うだろ!  だね。



nice!(0)  コメント(0) 

日本一周 北海道編6 [バイク・クルマ]

殆どの人に憶えが有るのではないだろうか、まくら投げ、あの底抜けに楽しかった。

img052.jpg


計画らしい計画と言えば、北海道に行く!くらいだった。
知床の圧倒的な壮大さに感覚がマヒし、気が付けば休みも所持金も底をつきかけていた。

とりあえず札幌まで戻ってきたが、やっぱり金欠に陥った若者だらけ、類は友を呼ぶ。
大通り公園をうろついていると、金に困った?のをネタに異様に盛り上がる馬鹿笑いの同類達だ。
「札幌駅なんかいっぱいだよ」「じゃあ、天気も良いし、芝生の上で寝るか!」ワハハ・・・

日が暮れると。
寝袋の投げ合いで噴水のプールに入れてしまい、それを取りに行くヤツまで現れる。
修学旅行以来だなぁ~暗がりでのバカ騒ぎなんて、何でもアリの様相で夜は更け行くのだった。

大通り公園の芝生上でごろ寝、違った意味で北海道の何処より楽しかった。

img053.jpg


寝袋を広げ干し、雨合羽を着込んで寝るヤツに朝から大笑いだ。
泣く程笑いあった即席の仲間だけど、バイク・自転車は関係なく帰ってからも写真を送りあった。

多分この時、ツーリングの魔力に引き込まれ始めていたと思う。



nice!(0)  コメント(0)