So-net無料ブログ作成
検索選択
ミラジーノ(L700S) ブログトップ
前の10件 | -

マフラー交換 [ミラジーノ(L700S)]

先日とりあえず修復してみたマフラーだけど、全体的にもう十分働きました感でいっぱい。
交換しか無いと思いオークションで探し始めたが、ボロボロのでも送料を考えるとパスばかり。
幸いジーノのは沢山出品されているのだが・・・
やっぱ新品にしようかなと考え始め、いわゆる社外品にまで捜索範囲を広げたら、有った。

DSCN1882.JPG


どうせならノンターボのあっさりした出口形状より、ターボタイプの方が良いな。
純正部品番号が分かれば探しやすいので調べた。

NA 17430-97203-000
ターボ 17430-97223-000

これさえ判明すればこっちのモンである、送料込みでオクよりお得に入手できた。

DSCN1884.JPG


DSCN1887.JPG


ただ販売店からは当方の最終型には「適合しませんが」、との返事。
ネットの画像では確かにパイプ曲形も違うけど、何かあってもそれもまた楽しいから良いのだ。

到着した現物を確認してみると、全長は同じだしステーの最終的な取付位置も大丈夫そう。
細かい違いはあっても肝心なこれらが合えばOK!

DSCN1891.JPG


あっさりと問題なく取付できたし、ターボ用の太いパイプは頼もしいな。
社外品とは言え新品はやっぱり良い、付いちゃえば純正かどうかなんかも分からない。

DSCN1895.JPG


うーん、ちょっとハデかな。
でもバンパーのカーブにはピッタリだし、ステンレスの質感も良い感じだ。
音量自体は殆ど変わりないけど、やや落ち着いた低音になったかな~も良いね。



nice!(0)  コメント(2) 

電圧降下 [ミラジーノ(L700S)]

ヘッドライトが何だか暗いな~と感じたら、今やバルブをHIDやLEDに換えてしまうのが普通。

DSCN1861.JPG


その昔はライト全体が白熱電球だったから、内部の発光体のみを換えることは不可能だった。
シビエ・マーシャル・ヘラー、H4バルブを使ったこれらは驚きの明るさで、ライトの事情は一変。
発光体であるH4バルブをハイワッテージにしたりとか、色付きとか(Hi/Low同時とか)・・・
ハロゲン球の時代は結構長く続いたけど、今やHIDやLEDで簡単にライトを明るくできるね。
段違いに豹変するし、寿命のそれも同様だ。

でも未だ現役のハロゲン球だって、その暖か味は中々捨てがたい、特にこのクルマにはと思う。

DSCN1863.JPG


そもそもハロゲン球は基本的に白熱電球だから、発光原理が異なるHIDやLEDよりある意味単純だ。
電球にかける電圧を上げてやるほど、明るく光ってくれる。
チリル式レギュレータの頃は結構簡単に弄れたから、良くやり過ぎたなぁ・・・
バッテリー液が直ぐに干上がっていたりして、高い授業料はつきものだった。

実測した1.3V(10%)程の電圧降下が、どこまで改善するかもやってみたい。
ヘッドライト用の強化リレーや配線は、最近見かけないけど。



ドラレコ [ミラジーノ(L700S)]

正直に言って中華製は好きだ、いや、大好きだ。

DSCN1802.JPG


ただし、怪しさ全開でなければイケナイ、全てがそうだと言ってしまえばそれまでだが・・・
今回も”2017改良版”に釣られて、性懲りも無くこんなのを買ってしまった。
しかしこれで何台目だろう、既にまともな国産が何台も買える投資をしたね  ^^;

だって面白いから・・・

DSCN1805.JPG


ガラス貼り付け型、ルームミラー型、気が付けば殆ど交互に求めてる。
ルームミラー型はスッキリ取り付くが、結局視界に対する占有面積はほぼ同じだ。
アクションカメラを付けようとも思ったが、やっぱり使い勝手を優先した。

シガーソケットに常時プラグを挿すのは嫌だから、テキトーなソケットと共に裏へ仕舞い込んだ。

プロパティ.jpg


早速プロパティを確認したが、偽りなく1080P・30fpsだね。
映りはどうかな、これからのお楽しみ。

DSCN1806.JPG


最近の常識でHDMIは備えているが、REGZAでもAQUOS でも映らない。
アクションカメラも3台買っているが、ビンゴ確率は1/3だからまあこんなモンかである。
Win10のカメラアプリを使えば、USB接続であっさり確認できるしね。

うーん、やっぱりピントがイマイチかな。
何回か調整した経験が有るから、今回も躊躇なく分解に入る。

DSCN1810.JPG


それらしいシールが有るけど無視 ^^;

DSCN1811.JPG


これ、今までの中で一番簡単にバラせた。

DSCN1820.JPG


現在の場所にとりあえず印をし、その左にあるパテみたいなのを剥がす。

DSCN1822.JPG


あとはPCのモニターを見ながら調整するが、やっぱり少しズレた所でジャスピンだ。
ジャスと言ってもそこは最廉価中華である、こんなモンかな~で妥協だね。

DSCN1830.JPG


色々弄っていると、良く分からない赤い水平線と、意味ありげな緑の富士山マークと、突然の中国語アナウンスが・・・
うーん、やっぱり深いのである。
とりあえずポータブルナビとそのワンセグには影響が無いみたいだけど、音声をワイヤレスFMで飛ばすと雑音が酷いな。
まあ、ナビ本体から音を出せば問題ないし、そもそもそれ自体をあまり使わないから。

暫く面白いオモチャになってくれそうだ。
幸いドラレコが役立つ事故は無いし、99.9%使い道のない画像ばかり撮っている。
が、本当に偶然、ヒグマと遭遇した動画を記録した事も有るのだ。



何だろう突然のアナウンスは、統一性が無いから余計悩むのだ。
でもね、これがね。



マフラー補修 [ミラジーノ(L700S)]

うん、何だか様子がヘンだぞ。

DSCN1743.JPG


有るべき位置に無いよね。どう見ても尋常じゃないよね。

DSCN1746.JPG


!!!下回りを覗き込んだら絶句。折れているじゃないか・・・
そう言えば排気音がチョッと漏れているような感じだったが、こんなモンかな~だった。

DSCN1749.JPG


完全に腐り切れている、とにかくこのままと言う訳にはいかない。
腐り始めたのは結構前だったろうね、まあ自分の所に来た時点でどっちにしろね。

DSCN1753.JPG


DSCN1752.JPG


とりあえずジャッキアップすることにしたが、順当と思えるビームセンターに何やら書いてある。
良く見えないのでデジカメをズームしてみると、【ご注意】だと。
誰でも普通にここだと思うからね。何故だめ?

DSCN1755.JPG


ダメなんだからダメなんだろう、他を探そうっと。
後端にある牽引(固定?)フックあたりが頑丈そう、様子を見ながらジャッキアップしてみた。
大丈夫みたい。

DSCN1762.JPG


リアアームの下にコンパネの切れ端を介し、何時ものリジットラックで安定させた。

DSCN1764.JPG


残パイプとタイコの固定部は案の定酷い錆だ。車の下に潜っての手力程度ではびくともしない。

DSCN1766.JPG


あっさりと諦めてやっぱりインパクトだね。
上側のトップバッター君はまるで歯が立たなかったけど、下側の真打は一撃だ。
先日のクランクプーリーボルトも何のそのだったから、マフラーの固着した14mmなんか楽勝。
3点差での9回裏満塁に登場は、やっぱ「あぶさん」しかいない。
ぶぉ~~~の酒吹雪・・・は無かったけど。

DSCN1769.JPG


とりあえず破れているガスケットの代替えを、シートパッキンから3枚作っておいた。

DSCN1770.JPG


改めて折れた個所を並べて見るが、これ、溶接で直そうという気が失せる。

DSCN1771.JPG


マフラーはΦ32だから何かないかな・・・有った、外径Φ34のが  ^^
確か鯉のぼりの固定パイプだっけ、よくもまあこんな物まで取っておく自分を褒める  ^^;

DSCN1773.JPG


パイプの錆部を避ける様に適当な長さにカット、でも溶接はやっぱり無理そうだ。
アークを飛ばした瞬間に腐り放題のマフラーが穴だらけ、どうせこんなオチだね。
とりあえずマフラーらしくしたいから、ここはエポキシ接着剤しかないだろう。
マフラーパテじゃ接着力が弱いから。

DSCN1797.JPG


だから厚化粧に厚化粧を重ねるのは止めろって!
隙間を誤魔化すためシリコンシーラントを塗りたくり、更に目立たない様シルバースプレーを吹いたら、余計「ここ、素人が直したよ」じゃないか。
やっぱりバンテージにしておけば良かったかな、どっちにしろ分かるけどね。

DSCN1799.JPG


取り付けてしまえばこっちのモンさ、普通には見えないだろうし。
その後200km程走ってみたが、機能的には全く問題ない。
エポキシもシリコンも100℃くらいはOKだし・・・たぶん・・・

オークションで探そうっと。それまで耐えてね。



リアブレーキ点検 [ミラジーノ(L700S)]

そう言えば、リア関係は全然見ていなかったな。

DSCN1776.JPG


フロントのパッドが8割ほど残っていたので、リアブレーキシューの事を忘れていた。
ショックも大丈夫だろうか・・・
気になりだすと落ち着かなくって、早速リアの足回りを点検するためジャッキアップだ。
ただ、タイヤを外しただけでは、ドラムブレーキシューの状態は分からない。

DSCN1778.JPG


リアショックにオイル漏れ等の異常は無し、ヘタっていても車検には関係ないから一応OKだね。

DSCN1780.JPG


復旧で困らない様ばらす前に、ナットに印を付けておいた方が無難だ。
ここの19mmナットは、思いがけないほど軽く締まっている。
ドラム自体も固着等無く、あっさりと外れてくれた。

DSCN1784.JPG


シューの厚さも3mm強残っているので、フロントとのバランスからも十分だ。
逃げ場のないブレーキ粉の溜まりは、ドラムブレーキの仕方のない所なので、こういった機会にエアーで吹き飛ばそう。
気分的にも分解した甲斐が有る。

DSCN1785.JPG


ドラムに打ち込まれた内側ベアリングは、内部に油分を入れない様シール付きになっている。
外側のオープンベアリングにはグリスをぬり直し、特に異常が無いので組み直して終了だ。

これで暫くは安心。

洗車 [ミラジーノ(L700S)]

車を手洗いするなんて何十年ぶりだろう。

DSCN1716.jpg


1995年、オートキャンプ目的で買った、
これが最後だ。
あの島田紳助がCMに出ていた。

子供たちが小さかったから、冬でも道の駅等で車内泊が出来た、色々と思い出多い車だ。
車内の温風吹出口に合わせたダクトを作り、オートフリートップ内に導いたりしていた。
最初は手で洗っていたけど、車もキャンプ道具の一つになってしまい、そのうち洗車機しか使わなくなったなぁ・・・

今朝、ちょっと埃っぽいジーノの姿が気になり、長靴に履き替えながら思い出した。
その子達もそれぞれ2児の親となり、もう少ししたら花火をしに来るそうだ。

時の流れは、当時の想像以上に早い。



リアスピーカー取付 [ミラジーノ(L700S)]

交換したオーディオに装備されている、リアの出力がちょっと勿体ないね。

0DSCN1646.JPG


フロントスピーカーに比べ、広大なエンクロージャー空間?が有り、設置が簡単そうなリアトレイも備わっている。
これはもう、4スピーカー化するしかないな。

1.5img030.jpg


当たり前のスピーカーにしてもつまらないから、面白グッズ満載の中華産巡りを始める。
レギュラーサイズの16cmだったら、使い道は他にも有るだろうで激安品にしてみた。

PLANTER=農園主?500wMAX?楽しそうだ ^^;

2DSCN1650.JPG


まずは屋外作業の必需品、扇風機の準備からである。
これ、どんな防虫スプレーより効果絶大で、憎き「蚊」対策には一番だ。
飛んでくる蚊を観察していると、強風バリアに入って来た途端に吹き飛ばされている。
ざまーみろ!

3DSCN1648.JPG


内張内までリアスピーカー用配線が来ているらしい。ネットの情報には毎度感謝だな。

4DSCN1652.JPG


内張の前端一部がリアシートと共締めされているが、シートまで外すのは面倒だ。

5DSCN1661.JPG


この個所はそのままでも、ゴムバンドで引っ張っておけば十分に作業空間が保てる。

DSCN1657.JPG


リアスピーカー用のカプラーはすぐに見つかるが、オーディオ裏側に使われているのと同じだね。
でも、こんなののオスタイプは持ってないぞ。

DSCN1663.JPG


スピーカー線との接続は何を使ってもも良いのだが、一応”らしい”RCAジャックにしてみた。
何時もの秋月電子から、こんなのを買ってきた。

DSCN1665.JPG


ガラクタ箱から見つけてきた平型端子付き配線は、オーディオ用によくある幅違いになっている。
片側が狭幅だったら同じにしても全く問題なし、簡単に細工すれば車体側カプラーに差し込める。

DSCN1668.JPG


接続端子にしたRCAジャックを取り付けて、先ほど準備した配線を半田付けした。
細工した反対側の端子をカプラーに差し込み、各部を保護処理して内側の作業は終了だ。

DSCN1669.JPG


内張を戻すとこんな感じ、これでRCA規格品なら何でも挿せる。

DSCN1672.JPG


確認のためバラック状態でスピーカーを繋いでみた。
ちゃんと音が出るじゃないか!とりあえず中華品に安堵するひと時 ^^;

DSCN1676.JPG


リアトレイの穴あけ作業に移ろう。
簡単綺麗に行いたいから手持ちのトリマーを使うことにし、付属のジグ金具に中心穴を開けてビス止めした。

DSCN1678.JPG


あっさりと済んだが、最初の穴はザックリ切り込みすぎた。
いきなり貫通させると表側に貼られた、表面クロスが刃に巻き付いてしまう。

DSCN1681.JPG


それで表面クロスが場所によって撚れてしまい、皺になった所がチョッと見苦しい・・・

DSCN1685.JPG


だけど農園主エンブレムが輝くカバーは気が引ける、ただでさえ鮮やか過ぎのブルーコーンだし。
で色々探していたら出てきたALPINE、これがピッタリと合うのだ。
と言うか、昔の日本製をコピーしているからなのかな。

このカバーはその昔、サバンナRX-7(SA22C)に付けていた。値引き一切なしの高級路線で売り出した、ALPINEのフルセットの名残だ。
我ながら良くとっておいたと感心する程だが、こうして約40年ぶりに再び日の目を見ようとは、カバー君も光栄だろう。

えっ?こんな使われ方はカンベン?   だよね。

DSCN1709.JPG


流石に500wMAXの豪傑は、入力が小さいとお気に召さないらしい。
「もっとドカンと鳴らせや」と構えているが、シャカシャカ音をまき散らす歳ではないもの。

フェダーコントロールをかなりリアスピーカー寄りにし、音量バランスを調整した。
中高域のフロントと比較すれば、中々の低音を発生してくれる中華農園主だ。
腹に響くような低音を得るには、やっぱりある程度の空間が必要だね。



フォルダー名変更 [ミラジーノ(L700S)]

KENWOODのU300MSを弄っていると、何だか分からない表示が出てくる。

DSCN1707.JPG


あっ、そうか、英大文字と数字にしか対応していないから、文字化けしてるんだね。
それで早速USBメモリーを外し、日本語をアルファベットに変更する。

既にかなりのアルバムを入れてあるから、全ての曲名までを英化?するのは大変だ。
せめてアーティストごとのフォルダー名を変更したり、アルバム名を数字化したりで済ませよう。
それで自分なりに判断し易く出来るが・・・

CDのメカを廃しコストが下がったのも歓迎だけど、その分を日本語表示機能に回してくれても良いんじゃないかな。逆に価格が上がってもOKだから。
そんなモデルが出て欲しいと思いつつ、キーを叩くのであった。
結構面倒。



オーディオ交換 [ミラジーノ(L700S)]

こんな構成の移動空間で過ごしていたが、仕方なくラジオばかり聞いていた。
とにかく音質が悲しい・・・

DSCN1610.JPG


押入れの奥深くからカセットテープを引っ張り出し、懐かしさ一杯で使ってみるも直ぐ冷めた。

DSCN1598.JPG


もうかれこれ十数年前から音楽CDは持ち歩かず、専らMP3に変換してCD-Rに移していた。
1/10に枚数が減っても所詮CD-Rは700MB、余りまくっているMicroSDは16GBや8GBだから、更に1/10が可能だもの。
それでメカレスのUSB/iPodレシーバー、KENWOODのU300MSにしてみた。

DSCN1621.JPG


メカレスはコンパクトでとっても軽いな、もうこれからは主流になるんじゃないかと思う。

DSCN1620.JPG


電源も今やUSBが普通だから、こんなパワーモジュールを貼り付けた。

DSCN1616.JPG


DSCN1617.JPG


ナビは時々しか使わないので、ポータブルタイプが直ぐに付けられる様に。

DSCN1614.JPG


パネルの固定金具が6か所中2個しか無く、アイドリング時のビビり音が気になっていた。
ネットで探しまくったがどうしても見つからない、やっぱり最後はディーラー頼みだね。

DSCN1607.JPG


注文は電話で済んだが、引き取りは店舗まで出向く。ちょっと気が進まないんだ。
だってバックしていると、おねいさんが飛んできて「オーライ!オーライ!」だし、入店すると「お飲み物はどれになさいますか?」だし・・・
アイスコーヒーを飲みながら、落ち着かない部品や領収書待ちであった。

ちなみに金具の単価自体が、中華アンテナより高価だったりする。
う~ん ^^;

DSCN1634.JPG


極小のカードリーダーに挿入したMicroSDに、手持ちのCD-RからMP3データを移した。
CD無しの割り切りはシンプルで良いし、音質も純正とは比べ物にならない。

DSCN1635.JPG


たまに使うだろうポータブルナビを付けてみたが、大きなディスプレイは視認も良好だ。
ただ、その分ボタン類が小さくて、操作性がちょっとネ。
まあ運転中はボリュームしか弄らないだろうから、これはこれで良いと思う。

8トラ・カセット・MD・CD、擦り切れ・撚れ直し・クリーニング、この先は何かな。



防音対策? [ミラジーノ(L700S)]

実用一点張りの薄いゴムマットが、運転席だけに敷かれていた。

DSCN1563.JPG


殺風景で寂しいし、ロードノイズがちょっと耳障りだったから、マットを替えることにした。
根本的には車自体の問題は分かっていても、少しでも雑音が緩和してくれれば一石二鳥だな。

2DSCN1558.jpg


このクルマは趣味的嗜好も多いのか、とにかくパーツが多種多様で楽しい。
フロアマットにしても純正・社外、それこそ「色々」選べるなぁ。
カラーやデザインが無難な純正に決め、何時ものオークション巡りが始まった。

早速届いたので軽く天日干し ^^

DSCN1568.JPG


カラフルになってちょっと嬉しいし、車内も少し静かになったみたい。

DSCN1571.jpg


バックドア開閉時やコンプレッサー作動時に、ナンバープレート部からの情けない音が・・・
それでプレートの裏側に、隙間スポンジを貼ってみた。

封印が無い軽自動車だから気軽に出来る対策だけど、異音が無くなってやっぱり落ち着くな。
ちなみに軽自動車は財産と見られていないから、封印や名変時の印鑑証明書が必要ないみたいね。



前の10件 | - ミラジーノ(L700S) ブログトップ