So-net無料ブログ作成

奥多摩無料道路(青い流れ星) [ST250E(NJ4AA)]

奥多摩有料道路と言えば”青い流れ星”、そんなのを連想するのは・・・

P1020501.JPG


世代的に『750ライダー』のCB750なのだが、『街道レーサーGO!』のRZ350も懐かしい。
後輩が良く奥多摩有料道路に行っていたけど、当時は710バイオレットのラリー仕様で、小菅村界隈を夜な夜な走り回っていた。
CB250-RSZでたまに付き合っていたから、少年ジャンプをネタに何かと共通の話題も多かった。

突然、何だか奥多摩に行ってみたくなる。
その頃は勿論下道で通っていたけど、今や外環→関越→圏央と便利になったものだ。
ただ横着になっただけ?だが・・・圏央の狭山Pで早々一休み。

P1020509.JPG


川をダムで堰き止めたから正式名は貯水池なのだけど、巨大になるとやっぱり湖が馴染む。
無料になって久しい、奥多摩周遊道路も近い。

P1020525.JPG


盛期の月夜見第一駐車場は、2ストのカストロール匂で溢れていた。
しかしバイクは様変わりしたし、圧倒的だった数も激減した。

そう言えば白バイも救急車も、全く見かけなかった。

P1020515.JPG


P1020520.JPG


ここから望める景色は変わらない。

P1020529.JPG


空前のレプリカブームを巻き起こしたガンマ。そのスクエアフォーを現役で見ることができるのも、奥多摩らしいかも知れない。
残念ながら、その引き金であるRZには出会えなかった。



一途な走りはもう無理だけど、何となくリズムが戻ってくるものだ。
やっぱり連続するコーナーは楽しいし、気分だけは何時まで経っても流れ星。



圧縮圧力 [ST250E(NJ4AA)]

ケミカル商品は本当に効果が有るのだろうか。
アイドリングが安定したみたい・燃費が良くなったようだ・始動性が・・・等々。

PICT0020.JPG


先日ちょっと触れた件だが、好評判も知名度も結構ある洗浄系燃料添加剤、ワコーズのフューエルワンを一度試してみたかった。評判通りの効果が有れば、こんなに簡単な内部洗浄法は無い。
ただ、冒頭の様な「気がする」的論評が多く、明確に「燃費が〇km/l上昇した」は、F1に限らずケミカルであまり見かけない。
それでブランドや多くの感想等は当てにせずとも、自分なりに具体的な効果が判明すれば、納得できると思う。自己満足かもだけど。
自分の環境で実験をし易いのは、やっぱり圧縮圧力の比較だ。

img027.jpg


イコールコンディション、これをいかに実現するかが、信憑性の要になると思う。
ちなみにこれは以前乗っていたマルチのサービスマニュアル、現在のSTには適さない項目も有るが、ガソリンレシプロエンジンとして基本的には変わりない。
①のスロットル全開は、自然吸気エンジンにとって、測定値にかなり影響する。
考えてみれば吸気した量だけしか圧縮出来ないのだから、その妨げになる要因は取り除いておかねばならない。
えっ?じゃあエアークリーナーの詰まりは?
その通りである。これは後程まとめて。

そしてこの種のケミカルで解決、と言うか期待できるのは②だけだ。
カーボン堆積で密閉度の低下した、バルブのシールが改善されれば十分だし、これくらいしか具体的に比較できない。
また、キャブの燃料系洗浄に効果が有ったとしても、数値的には表し難いのではないか。

話は前後するけど。
スロットルの全閉比較は、パイロットエア系が絡みやすいから、やっぱり全開での比較が妥当だと思う。

DSCN1191.JPG


プラグの焼け具合からも、エンジンの状態は窺い知れる。
普通に稼働していること、これが大前提であると思う。不健康なエンジンでは、ケミカル程度で改善できる範疇を超えている。

ちなみに燃費は普通に35km/l前後だし、ごくスムーズに作動しているエンジンだ。

DSCN1198.JPG


まず、現状の圧縮圧力を測定しておこう。

PICT0007.JPG


接続部の圧縮漏れは無いか。
CRCを塗布し音を聞きながら、セルを回して確認した。

PICT0014.JPG


以前、W3の各気筒の圧力「差」を確認したくて、買ってみたゲージだ。
中華製の激安品だけど、こんな用途にはちゃんと役立った。
今回の実験に使うのも勿論これ、この先、何時使うか分からないし十分だ

この実験で求めるのはあくまでも「差」であって、「絶対値」なんてほぼ望んでいない。
まず、それなりのゲージにしないとね。

だからケミカル投入前後の効果を確認したい場合、あくまでも「差」を比較すれば十分だと思う。
ただし、自分なりの測定で良いのだが、イコールコンディションは最低条件だ。
極端な話、エアクリーナーが多少汚れていようと、それが測定の前後で同じならOKだと。
使い古したプラグをイリジウムに換えた、みたいに、訳わかんないよりはね。



色々と書いておきながら、最初はスロットルを開け忘れていたりして・・・
まず、バッテリーを満充電、クラッチレバーを輪ゴムで握り状態にしておき、動画を撮りながらセルボタンを押し、あっ、スロットル!

いや、スロットルの開閉差で、こんなに変わるのだ。
と、言い訳・・・

STの絶対値はネットで分かったが、とりあえず自分の環境では9kg/㎠だね。


サイドバッグ [ST250E(NJ4AA)]

サイドバッグ用のサポートを、色々と探してみた。

1.jpg


大体目的は一緒だから、形状的には何用でもほぼ似ている。
しかし私のSTはリアフレームを外してあるので、まずバッグを吊る所から始めなくては。
現在はリア・すっきりバージョンだけど、フェンダー振り分けタイプにはしたくない。
また、気分を変えての救急箱スタイル、その場合でもキャリアから吊るってのは・・・やりたくないなぁ。

全てを満足するものなんか、絶対に有る訳が無い。
だから気が済むよう、好きに作ってしまおう。

DSCN1121.JPG


とりあえず針金ハンガーを細工して、吊る方から考えてみる。
ウインカーを固定していたボルト穴と、テールランプステー部を使い、大体こんな感じに曲げてみた。

DSCN1126.JPG


これを実際に鉄の丸棒から作る事にし、カインズホームまで買いに行ったが¥98/mなのね。
えー、例によって余計な物の方が・・・なので密かに  ^^;

DSCN1130.JPG


アセチレンなんて無いのだ。BBQ用のバーナーで真っ赤までは無理なのだ。けど。
後はハンマーで叩くべし!     ♪バイクに精出す村の鍛冶屋
加熱が十分でないと、けっこう大変。

DSCN1145.JPG


幅が約10mmに出来たから、取り付け穴を開けよう。

DSCN1166.JPG


吊る方はこんな感じ。

DSCN1169.JPG


それにサポートを同じΦ6丸棒で、リアサスを避けるように付ける。
もうこれは溶接しかないな、その方が見た目が良いし、強いし。

DSCN1171.JPG


その最中の画像は無く、例によって溶接は終了・・・やっぱ夢中になる。
仕上げも済み、こんな感じになった。

DSCN1173.JPG


スイングアームとリアサスはクリアーしている。
メッキは勿論出来ないから、ミッチャクロン+シャーシブラック塗装かな。

DSCN1185.JPG


塗装前にとりあえず買っておいた、軍用デッドストックバッグを付けてみた。

DSCN1182.JPG


これはこれで良い感じだ。
バッグ内に100均で買ったゴミ箱を入れてあるので、安物だけどシャキッと付いている。

木製の救急箱では気が引ける、濡れカッパや汚れ物も気軽に放り込めそうだ。



ウインカー移設 [ST250E(NJ4AA)]

STのウインカー位置は、ちょっと中途半端な感じがしていた。
先日シミュレーションしていたら、違う場所の方が自分的にはしっくりくる。

DSCN1041.JPG


特別拘る訳では無いので、一応汎用品を色々と物色してみたが、元々付いているTOKAIDENSOが無難かな~
十分コンパクトだし何より安心のクオリティ、全体のバランスからしてもやっぱりこれを移設しよう。
どうせやるのなら出来るだけ純正然としたい、それで配線はコネクターまで全て分解しゼロから始めた。

DSCN1042.JPG


L2.jpg


ブラケットに使うのはアングル材のL30からだ。
殆どフラットバー状態にカットするのだが、なんでまたそんなに面倒な事を・・・
アングル材のr部分を少しだけ残し、純正のプレスパーツっぽくしたかった。
強度的な事もあるけれど、見た目にも拘ってみよう。

DSCN1045.JPG


カット・穴あけ・コーナー加工・曲げまで終えてから、写真の撮り忘れに気づく。
ここまで出来ちゃった  ^^;

sara.gif


ランプステーに皿ビス穴加工し・・・
細かい事だけど皿モミ加工は90度だから、120度が普通のドリル刃は研ぎ直した。
目的はただボルトを目立たなくしたい、だけ。溶接も考えたが簡単に戻し難いので、かえって面倒くさいボルト結合にしたのだ。
気が変わったら、何時でもノーマルに戻せる改造にしたいから。

DSCN1063.JPG


M5x20の皿ビスで固定後は、ブラック塗装で更に目立たなくした。

DSCN1073.JPG


DSCN1077.JPG


アースはテールランプに来ているラインに集合させ、左右2本だけでウインカー電源を取り合う。
フェンダーに現在付いているグロメットには、ウインカー用の配線穴を2か所増やした。
これで標準と変わりなく、配線は一切表面に出ない。
2本のウインカー配線は例によって熱収縮チューブで纏め、テールランプ配線とフェンダー裏を添わせた。

DSCN1079.JPG


ウインカーとテール系の集合部分、そこから最低必要な配線だけ引き直した。
テール・ストップ・Rウインカー・Lウインカー・共通アース、都合5本。

DSCN1087.JPG


DSCN1103.JPG


これはこれでアリかな、みたいな感じになった。
リアキャリアが無いスタイルも、結構スッキリして良いかも。
が・・・サイドが何だか寂しいし、収納場所も新たに欲しくなってきた。

DSCN1110.JPG


サイドバッグやキャリア・サポート関係を、ライコランドまで探しに行ってみたが。
やっぱり自分のイメージするものが無かった。だよね。

でもまた、色々と考え始めているのだ。
やっぱり楽しいじゃないか。