So-net無料ブログ作成
検索選択

非シンセティック [ST250E(NJ4AA)]

synthetic=合成の、本物でない、にせの、人工的な。
化学合成オイルとかシンセティックレザーとか、またプラスチックの別呼称として使われたりもしている。

1DSCN0736.JPG


自然素材100%なんて今や無理だし、だから、それを生かすために利用できる物は活用しよう。
本体・桟木・M5x30ビス+亀座金、付け外しと実用を考えてこんな構成にした。

2DSCN0716.JPG


バイクの振動や揺れに一番弱そうな底板は、結局コンパネで補強したけれど、構造用合板も含めベニヤ合板の一種だ。
自然の木材の癖を補うため、薄くスライスした単板を積層した、非常に使い易い材料だね。
ちなみにコンパネ=コンクリートパネル、要するにコンクリートの型枠材だから、安価に出回っている。

3DSCN0719.JPG


カンナなんて持っていないし、使ったのは技術家庭科が多分最後だ。
だからディスクグラインダーで、隙間が無いように仕上げた。
張り合わせは勿論セメダインだよ。

DSCN0722.JPG


そー言えばPCラックの組み立てで、木材にネジ付き金具が埋め込まれていたな~
探してみると鬼目ナットと言うらしいが、ごくありふれた物のようだ。
でも何で鬼目なんだろう、鬼さんの金棒に似ていると思うけど。

DSCN0723.JPG


DSCN0724.JPG


底板にはM5ビス用の穴を開けた。
ワッシャーは当たり面の広さと緩衝を期待し、フックボルトセットの亀座金とスポンジを使ってみた。
木工は未知の言葉が沢山だ、う~ん。

DSCN0726.JPG


裏側から見るとこんな具合、結構しっかり取り付いたと思う。
試乗してみたけど心配していたビビり音も無く、とりあえず小物入れとしては役立ちそうだ。

DSCN0745.JPG


一般的なリアボックスはしっくりくるのが無かった。
だから木箱を探したが、これも現実的にはなかなか難しい。

完全は無理だけれど、せめてシンセティック感が無いように・・・



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク