So-net無料ブログ作成

エンジンスタンド(3) [モンキー(Z50J)]

子供の頃プラモデルを買ってもらうと、大急ぎで家へ向かっていた。
そして作り終わると眺め、ご飯を食べ終わるとまた眺め・・・

DSC_0070.JPG


一応エンジンスタンドが完成した。

何だか怪しい空中浮遊のような画像になってしまったが・・・
最近巷を騒がすVXガスで、思い起こすはあの「教祖様」。     も関係無い。

DSCN0229.JPG


えー話を元に戻して。

使うパーツは基本的にこの三点、使わない時はこんな感じにバラせる。
どれも簡単で安価に入手できる物を利用した。

DSCN0235.JPG


①スタンド本体のφ9穴に、高さ調整用の③ボルト・ナットをセット。
大体こんな感じに、とりあえず手締めしておく。

DSCN0236.JPG


そして②エンジンベースを差し込む。これでスタンド側の準備は完了だ。

DSCN0242.JPG


車体左側。
エンジン固定ボルト(黄丸)を、後は抜くだけ状態にしておく。

DSCN0244.JPG


車体右(ナット)側も同様。
ただ、ちょっと面倒なブレーキペダルはそのまま。
フロントフェンダーはボルトを緩めるのも簡単だし、塗装を傷つけたくないから外しておいた。
エンジン固定ボルトも、後の事を考え少し緩めておく。

DSCN0254.JPG


用意しておいたスタンドを滑り込ませたら、ステップを固定していたボルトを使い、まず②エンジンベースをぶら下げる。
そして高さ調整用のボルトナットで、②を持ち上げるように①の高さを決めておく。
大体、4ヵ所を平均的に、要するにエンジンの重さを全体で受けるイメージだ。
水平器を使えば目安になるから置いといたけど・・・雰囲気は大切ね ^^;

ここで使っている水平器はかなり古いものだが、例えばこんなのが有れば何かと便利だし、乱暴に扱わなければ一生モノだ。

DSCN0257.JPG


DSCN0261.JPG


DSCN0263.JPG


高さ調整用ボルト・ナットを微加減すると、エンジン固定ボルトに抵抗感が無くなり、抜き差しが無理なく出来る。
エンジンの重量がスタンドに乗り移った状態になれば、スッと抜けた後のボルト穴から気持ちよく向こう側が見える。


DSCN0268.JPG


エンジン固定ボルトが外れてしまえば、もうフレームさんとは縁が切れたエンジン君。
一応安全の為に適当な角材を入れておき、高さ調整用ボルトを目いっぱい縮めておく。
ここまでの作業に殆ど工具の出番なし、軽いエンジンは何かとお手軽で良いな。

DSCN0269.JPG


これでエンジンを前方向にずらす際の、干渉は一切なくなった。

DSCN0270.JPG


DSCN0271.JPG


画像や文章を連ねると長そうだが、実際はデジカメや猫(陽気が良いとジャレに来る)と遊びながら、ここまで3時間あれば十分だった。
まあ、車体のバラしは初めてで無いけど。

DSCN0283.JPG


愛用しているワーキングチェアー(単なる踏み台)と並べてみた。
上部作業はこれでちょうど良い感じだけど、横や下面を弄るにはもう少し高い方が良いな。
場合に応じた楽な体勢にしたいから。

DSCN0284.JPG


ビールケースを逆さにすれば、これにもピッタりと収まる。
とりあえずこの状態にしておいて、近所のホムセンまで買い物に出かける。

DSCN0285.JPG


ジョイントがあれば単管パイプを繋げていけるが、色々と有る中からボルトで固定できるタイプにした。
しかし、屋外レジの担当者に会釈されてしまう・・・

はーい、ちょこちょこ買いに来る客だよ~  ^^;

DSCN0289.JPG


300mm(30cm)程の単管パイプを継ぎ足せば、これはこれで良い感じだ。
この高さだと左右の振りは、45度程度までにしておこう。
その範囲だとバランスを崩さないし、作業に必要な振り角度も十分。

そして、様々なアングルで何時までも確認している自分に気が付く。

プラモデルから何度も取り外しては眺める、あの頃のマブチモーターと何ら変わらない。
「どこが面白いの?」       女子には永遠に理解してもらえない、と思う・・・



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

エンジンスタンド(2) [モンキー(Z50J)]


このバイクの不思議な力なのか、何故かどうでも良い様な所を凝らせる。

エンジンスタンド.jpg


また簡単な図面を描いてみた。
軽く・コンパクト・何より楽しく作ろう、そうするとやっぱり溶接かな、で。
モンキーのエンジンはせいぜい30kg程だから、ウチに転がっている鋼材でほぼ間に合いそうだ。

メモ書き程度で十分な内容だけど・・・図面にしたくなる。

DSCN0158.JPG


早速アングル材を刻み始めた。

DSCN0159.JPG


DSCN0163.JPG


切断した部材をとりあえず並べて、各所をの具合を確かめてみる。
水平もほぼ良い感じだから、地面とのクリアランスを平均20~30mmに設定。
それで使う単管パイプの長さを150mmに決めた。

DSCN0164.JPG


えー何でも楽する、丸ヤスリだと結構大変だから・・・

DSCN0179.JPG


溶接終了後は仮組して図面と照合だ。←大袈裟な・・・付けば良いでしょ!

だね   ^^;

DSCN0207.JPG


陽気に誘われてホームセンターまで、モンキーを走らせたくなった。
5分も有れば、センタースタンドを戻せるし。

DSCN0200.JPG


しかしホムセンは誘惑が多すぎだ。
自分なりの言い訳を用意しておいても、「いつ使うの!」に毎度撃沈しているが・・・
しかし懲りない。
またタイムカプセルの中身を増やすだけなのに。

DSCN0205.JPG


今回必要なのはM8x65Lのボルト・ナット。
スタンドのフット及び水平調整用に、これら”だけ”を買ってきた。

キャスターになんて後でも出来るし、だいたい頻繁に移動させる?
グラグラして逆に使い難くない?

その通りだね、天の声さん・・・

DSCN0219.JPG


とりあえずシャーシブラックで仕上げておいた。
4輪用のそれには赤も多いので、そのセンも考えてみたけれど。

凝る所が尽きないバイク。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

エンジンスタンド(1) [モンキー(Z50J)]

ホンダの横型エンジンは、趣味の対象としても多くのファンを魅了している。
そのためのエンジンスタンドも多種多様有るが、まず車体からエンジンは外れている、それからどうホールドするか、が殆どだ。
自分にとってはその外す際も、重要視したいのだけど。

DSCN0076.JPG


ボアアップか何かしたいの?
いや、まさか・・・モンキーはノーマルのままで十分だ。
ただ鉄シリンダーの錆びをもう少し何とかしたいだけ、だからエンジンを気軽に外したいだけ。
エンジン固定ボルトの抜き差しを、力技を使わなくても済むスタンド。無いなら作ってしまおうか。

DSCN0061.JPG


とりあえずエンジンからセンタースタンドを外し、改めてその取付け部分を採寸してみた。
3mm厚のプレートをM8xP1.25ボルト4本で固定、意外と頼りない気もするが。

DSCN0051.JPG


思いついたのはこれの流用、何処のホームセンターにも有る、足場単管パイプの固定ベース。
200~300円程で買える物だが、流石に業務用だから強度も十分だ。ただ”過ぎる”気もする、プレート厚は5.5mm程あるし。まあ、厚は薄を兼ねるだ←それちょっと違う・・・
何と言っても安いから気楽。

DSCN0067.JPG


取付け穴径はφ12だからM10程度を想定しているね。用途が用途だから余裕を見てある。
もちろん寸法ピッタリは無いだろうし、作りもこんな感じだけど十分だ。

DSCN0030.JPG


じっくりと検討してみたかったので、エンジン底面の様子を撮ってみた。
やっぱり貫通ボルト部(赤い矢印)が盛り上がっている。だけど邪魔になりそうなのはここくらいで、
他は特に問題なさそうだな。
30年分の汚れは別として・・・

DSCN0036.JPG


とりあえず仮に取り付けてみた。
ボルトピッチは3mm違うが、固定ベースの穴径が大きいので、前側2本はそのまま付く。
案の定盛り上がり部が干渉しているけど、想定外は大丈夫なのでこれを使おう。

monkey.jpg


えー簡単な図面を描いた。
関係ないデータを盛り込むと分かり難くなるから、改造が必要な箇所だけを記入。
xxxで示した干渉部はあらかじめカットしておこう。

でも「横型エンジン・・・」は何?
いや、単なる気分 ^^;

DSCN0132.JPG


干渉部を切断砥石でカットし、追加の穴を開けるだけで終了だ。
ただ手持ちのドリルの都合で10mmを使ったけれど、それくらいだったら問題は無い。
既存の穴にはバリが多かったので、一緒に仕上げておいた。

DSCN0089.JPG


早速取り付けてみた。うん、良い感じだ。

DSCN0109.JPG


念のためベースを面取りしておいたので、唯一心配だった箇所も余裕でクリアしている。

DSCN0115.JPG


もうこれで、豊富にある単管パイプ用資材を使えば、簡単なスタンドなら直ぐ出来る。
だけど・・・

自分の想いを形にしてみよう。
1人でマッタリとコイツを弄りたい時、無理なく簡単にエンジンを分離させたいから。


”結構長くなるかもなので、とりあえず(1)を付記しておいた”



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

走行動画 [モンキー(Z50J)]

YouTubeに動画をUP。
速度警告灯とウインカーインジケーターが同居した場合、その見え具合は実際どんな感じか撮ってみた。



ここのファイルアップロードは色々と制約が有るからな~
普通の720pに変換されちゃうけど、MTSを直接UP出来る気軽さ、YouTubeが便利な所の一つだね。
1080Pにそろそろ対応するかも、これだけネット環境が整えば。

PICT0006 (2).JPG


こんな感じでタンクバック上にミニ三脚を貼り付けて設置、お気軽なやり方だからふらつきが収まらない。
あまり長く走ると、デジカメが飛んで行きそう ^^;

PICT0005 (2).JPG


このままでは風切音が酷いので・・・

PICT0004 (2).JPG


ちょっと乱暴だけどマイクをテープで塞げば、とりあえず聞くに堪える程度にはなるかも。
設置が安易だから、他の雑音が際立ったりして・・・



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ウインカーインジケーター [モンキー(Z50J)]

何時も思うのだけど、ウインカーを戻し忘れがちだ。
プッシュキャンセルなんて今や当たり前のスイッチで有る筈も無く、ウインカーが点灯しているのは現物を確認するしかない。
だからモンキーのウインカーインジケーター取付けに関する情報は、嫌と言うほどWeb上に存在するが・・・

PICT0001.JPG


ニュートラルランプはもちろん付いているけど、次に重要な速度警告灯で完結だ。
でもこれがモンキー君の流儀?だと思う。
No.2さんの場所を転用したり、ましてや専用ランプの追加等は、せっかくのスタイルを壊すから避けたい。
何とかなりそうな気がしてきた。

PICT0006.JPG


もう少し分解するとこんな感じ、純正LEDと透明ケースの間にちょっと余裕が有った。

PICT0004.JPG


何かのついでに買っておいたLEDが入りそうだ。
大体こんなものだが、激安の代わりに何時も同じ品は無い。
まあ、似たようなので良いのだけれど。

PICT0008.JPG


データシートが付属しているので、ちょっと計算してみた。
このLEDをモンキーの6V電装(余裕を見て6.5V)で点灯させるのに必要な抵抗。
抵抗値 (6.5V-3.7V)÷0.025A=112Ω だね。
手持ちの中で680Ωが見つかったから、これを6本並列で使う事にした。

あとはACアダプターの残骸等から、整流用のダイオードなんかを再利用だ。

PICT0010.JPG


純正と追加・大小2個のLEDを透明ケースに収めてセットしてみた。
両方透明なのでちょっと分かり難いが、逆にそれだから互いの発光を干渉せず良いのだ。

PICT0038.JPG


実際ライトケースに入れてみたが、無理は全くないし違和感も殆ど感じない。
この年代のバイクは良いな。ギボシ接続・余裕の配置、うーん・・・



点灯させてみたけど・・・静止画だとタイミングが上手く合わず動画にした。
ニュートラルランプより全然目立つ程だから、戻し忘れは減るだろう。
流石に超高輝度LEDだ。
元に戻したくなったら何時でもOK、純正は何も変えてないのだから。

PICT0057.JPG


速度警告灯内にウインカーインジケーターも入れたから、ノーマルスタイルは全く崩していない。
走行中に一定の速度以上になると、透明の追加LEDも赤く染め警告を発する。

でもモンキーに速度警告灯なんか必要?
いや、それが重要。
こんな小さなバイクが一人前の装備を持つからこそ、なのだ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

タンクキャップ [モンキー(Z50J)]


バイクはやっぱり走ってナンボ。
と言うか走れる状態にないと、どうも落ち着かない。
機能的には殆ど問題ないし、本格的にレストアしている訳でもないのだから。

PICT0006.JPG


この姿勢を暫く見ていると、だんだん可哀そうにもなってきた。

PICT0014.JPG


とりあえず呪縛から解いてやるには、まずフロント周りを戻そう。

PICT0019.JPG


前輪が付けば”ウマ”の出番、これでエンジンも下せる。
ボルト2本を外せば気軽に分離できるところも良いが、今回は特にエンジンをどうする訳ではなく、ただコイツが掃除の邪魔だっただけ ^^;

とにかくとりあえず、ステムがどんな感じになったか確かめたい。
エンジンをかけてみたいだけだったりして・・・

PICT0018.JPG


キャブもバラバラに分解して、ジェットや流路関係を全て清掃しておいた。
自分でもちょっと驚いたが、一発始動!
とりあえずエアスクリューは1回転半戻し、スロットルストップスクリューは適当、まあこんな事も有るね。
漏れや滲みも無く安心したが、とにかくエアスクリューの反応が良くなった。

PICT0041.JPG


安定したアイドリング音を聞いていると、何だか他が気になってくる。

PICT0036.JPG


タンクキャップは未だ純正が入手できる有りがたさだが・・・
新品は新品でしかない!

PICT0055.JPG


折角MONKEY MAGIC社の電圧レギュレータも有るのだし ^^;
アルミは傷だらけになってしまうからダメだけど、メッキの錆び落としはワイヤーブラシでやるのだ。
鉄よりは当たりがソフトな真鍮から始めよう。

PICT0061.JPG


ブラシで磨いた後は、何時ものピカールで仕上げた。

PICT0071.JPG


うーん、なかなか良い感じだ。

でも・・・奥でW3が「俺を忘れていないか」、そう訴えている気がした。
オイル循環を兼ねて何時も空キックは欠かさないが、エンジンを始動させると走らせたくなるから・・・
でも今回はチェーンの張り調整をして、その確認がてら火を入れてやった。

PICT0012.JPG


試乗してみたが、ちょっとステムの締めが緩めだったかな~
強いて言えばその程度、全く問題は無かった。

でもこうやって眺めていると、また何かを探している自分に気付く。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

便利な?小物達 [モンキー(Z50J)]

ディスクグラインダーや電気ドリルの回転数を、簡単・自由に変えてみたくなる。
本体に変速ボリュームが付いたそれらも有るが、ダイアルが小さくて微調整に何時も難儀するから。
何より作業しながら(←危ないよ!)変速させたい。

17021401.JPG


電圧をコントロールすれば簡単なので、スライダックかトライアックで作ろうかと考えていた。
しかし・・・今はこんな物が信じられない位の値段で買える、モチロン中華からの直送だけど。

17021402.JPG


国際便で利益が有るのか、何時もながら気になるが・・・それはそうと、早速テストしてみた。
内部の調整ネジを回すと0~100Vまで可変できるし、とりあえず1200Wのドライヤーで問題なく作動した。
0Vは現実的じゃないので最低を30V程度に設定、あとは適当なケースに収めるだけの簡単さだ。

ラジオを作るため、真空管やバリコン等を集め回ったのは、遠い遠い昔の話・・・

17021403.JPG


使わなくなったACアダプターのケースを利用しよう。
接着をバキバキ剥がして中身を取り出し、換わりにこのユニットを組み込んだ。なかなか強力に接着されていたため、やや強引に割ったが、戻してしまえば分からない。
割ったケースは再接着で復旧することになるから、緩む可能性が有るネジ式の端子台は使わない。
男は黙って直付だ!

17021404.JPG


あっさり終わりちょっと寂しいので、銘板まで作ってみたりして・・・

でもMODELのスペルが違うよ!
いや・・・そこが怪しさ満点の中華ぽくって良いかなと ^^;



ディスクグラインダーはこんな感じだ。
最高速にすると動き出して、ちょっと焦ったりして・・・
カメラ片手は止めようね(←そもそも!)



電気ドリルの回転数も自由だ。
両方とも無負荷テストだから、最低速でも結構速く感じる。でも電圧は低くなっているので、負荷がかかるとかなり良い感じだ。
細かい所や曲面をバフがけする時、回転スピードを落とした方がやり易い。そんな時有効だ。

PICT0016.JPG


ディスクグラインダー用にはサイザルやフェルトディスク等、それこそ100均でも揃ってしまうほどバフ用具が沢山ある。
でもM10x40mm程度のボルトさえ用意すれば、グラインダーのナットを使って電気ドリルを活用できる。
どちらも並目ねじ(M10xP1.5)だからピッタリ、もちろん電気ドリルが10mmをチャック出来なきゃダメだが。

PICT0018.JPG


こんな感じにフェルトディスクをセットして、そのサイド部分を使えば細かい所もOKだ。
グラインダーのナットを使えば芯が合うので、電気ドリル程度の回転数では全く不安が無い。

PICT0026.JPG


で、磨いてみた。
モンキーのハンドルポストはアルミだけど、複雑な形状が面倒そうで避けていた。
良い、電ドル+フェルトディスク+スピードコントロールは。
ただ、低い番手から始めて青棒までやると、とにかくテカテカ~になってしまう。「なで仏」の様な光具合にしたいな・・・
それでいきなり青棒から始めてみた。「♪ギンギラギンにさりげなく」を目指して ^^;
難しい。

PICT0020.JPG


調子に乗ってハンドルロックまで磨く。
光らせ過ぎてしまった。

そうだ、あれもやってみよう!
便利にはなったけれど、良いのか悪いのか・・・



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

モンキーマジック [モンキー(Z50J)]

ステム部にほんの少し違和感がと思い始めたら、無性にその状態を知りたくなってきた。
旧いバイクは早めの対応をしなければ!深刻な問題にならないうちにだ!
本音は違うでしょ・・・ただ弄りたい・・・

PICT0007.JPG


まず、フェンスにキャリア部を軽く括ってやろう。

PICT0008.JPG


前輪を外すだけでフロントは浮くのだけれど、リアを固定しておけば多少の事が有っても不安が無い。
倒れたりを気にすることなく、とにかく作業に没頭できる。

PICT0020.JPG


ウインカーassyはステーの向き以外全て共通、配線色も同様で”黒”に統一されている。
でもホンダの良心?で左側色のオレンジが、ギボシ近くにペイントしてありつい微笑んでしまう。

でも右側色の水色はペイントしないんだね。(←残りの方だから良いジャン)
このためだけに水色のペンキを買うのもナンだし、とりあえずテープに書いておいたりする。

うーん・・・

PICT0026.JPG


PICT0028.JPG


少し錆びの混じりは有るようだけど、30年モノのグリスとしては悪くない。
これくらいで違和感?そんなに敏感?
いや、だから・・・

PICT0034.JPG


上下のボール・レース共に問題は無かった。ステムはグリスの入れ替えだけで良さそうだ。

DSC_0039.JPG


ここまで来たのだから全バラにして、フレームから塗装し直そうかとまた思い始める。

ちょっと休憩しながら改めて眺めてみるのだ。
だけど、年月に醸し出された風合いは、決して元に戻せない・・・
ただ綺麗にしたいのが目的じゃないよな~手入れ感?みたいな風情が欲しい気がするし。

うん、塗り直しは何時でもできる、もうちょっとじっくりとやってみよう。
ただもう少し他の様子も・・・

PICT0003.JPG


PICT0007 (2).JPG


せっかく綺麗にしたのだから、とりあえずテープで蓋をしておいた。

とりあえずでしょ?何でコンパスまで使って作るの?
うーん ^^;

PICT0010.JPG


PICT0012.JPG


PICT0015.JPG


こんな所も保護しておこう。石刷りした紙を両面テープで貼っておいた。

これもまた、何故かこうしたくなるのだ。

PICT0031.JPG


そんな事をしていて気が付くと夕暮れ、本当にコイツを弄っている時間の過ぎ去りは早い。
どうでも良いような事ばかりに、何時の間にか夢中になっているからか・・・

バラしたパーツが車に収まってしまう、カーゴルームがオモチャ箱と化して。
不思議な力がそこからまた何かを引っ張り出させ、大した意味の無い作業を促すのだ。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

メンテナンススタンド [モンキー(Z50J)]

モンキーを弄る際、以前取り付けたセンタースタンドが、ほぼ全ての姿勢をこなしてくれる。
普通はこれで十分だけど・・・

しかしステップ関係を外したい場合は、共通ベースのセンタースタンドごとになる。
そのうちエンジン自体も下し始めそうな、自分が居たりするし  ^^;

うーん.jpg


普通、メンテナンススタンドを使えば問題ないが、他の用途が無さそうな割にかさばりそうだな。

PICT0016.JPG


PICT0019.JPG


それでこれにした。もちろん荷掛に使うのではない。

PICT0027.JPG


昔から有った”ウマ”があまりにも錆びついていたので、車のタイロッドエンドの取り換えを機に新しくした。
値段が値段だし折りたたみ式にも惹かれて、このウマ(ジャッキスタンドと言って!)にしたのだけれど、色々と応用が利くので便利だ。

PICT0022.JPG


ウマ(リジットラックでも良いからさ・・・)を最下段にセットしても、クリアランスは余裕で大丈夫だ。
だけど・・・この中華製ステップは、最初からこんな段違い、何かにつけて気になっていた。
で、やっぱり、無性に直したくなったのだ。

PICT0032.JPG


モンキーのリアブレーキペダルは、高さ調整なんて考慮していない。ストッパー?であるステップさん次第なのだ。
常にガンガンぶつけられているステップさんにとって、フリーで行動したい場合にブレーキペダルは、とっても邪魔なヤツである。

PICT0037.JPG


PICT0040.JPG


まずブレーキロッドを外さなくては先に進まないが、パーツ紛失の防止を兼ねてナットをこんな感じにまで締めこむ。
そしてブレーキアームのタイコに差し込めば、隙間が出来てステップさんはフリーの身だ。

PICT0045.JPG


うーん、大体こんなもんかな。
見た目以外は慣れちゃっていたから、、これだけ高さが合えばヨシとしよう。
えっ、何気に有る単管パイプは何?

ハハハ、たまには力技 ^^;

PICT0017.JPG


そして出番が終了となれば、慎ましやかな姿になり、工具棚の片隅に収まる。
また次の機会を待ちながら。

紅白に落選したら、逆に・・・とは・・・   ^^;




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

あきらめタイマー [デジカメ]

デジカメとの付き合いはWin95の頃からだ。
シリアルポート接続しか無かった。
徹夜を覚悟しながら画像データをPCに送っていた。
とんでもない遅さに泣かされた ^^;

USB接続が当たり前(Win98SE頃)になると、当時でさえレガシーポートと言われていたシロモノである。
そしてメモリーカードがスマートメディアからSDに・・・長くなるから止めなさい!

とにかく、そんな昔話は(えっ?似たような話題ばかりジャン)そのうちとして。
長年愛用しているデジカメが、最近、物忘れするようになってきた。

PICT0007.JPG


DiMAGE Xg 2004年から現役で活躍する、手放せない機種の一つである。
現在、良く使う4台の中でNo.2的存在だが、今回No.1の復活のため実験台になっていただく。

PICT0015.JPG


充電池の元気も無くなってきたが、何より電池を入れ替えの度に、全ての設定を毎回要求される。
「この前も言ったでしょ、もう忘れたの?」
えー、何気なくそんな言葉をぶつければ、身につまされるだけである。

PICT0025.JPG


PICT0031.JPG


PICT0035.JPG


設定を保持するためには、何らかの電源が必要である。
とにかくバラしてみて、それらしき物を発見した。色々調べてみると、電気二重層コンデンサーと言うものらしい。
エネループやリチウムイオン等の充電池とは違い、コンデンサーの一種である事は大体分かったが、要はこれが劣化しているかな?交換すれば多分OKかな  ^^;
まあ、何とかなりそうだと感じれば、後は検索しまくりで探すだけだ。

PICT0043.JPG


プリント基板からハンダを外して、一応念を入れて確認してみる。
おお、今は無き「SANYO」のロゴだ!あの動画デジカメで一世を風靡した・・・
懐かしがっている場合ではない、古い機種だからそんなのが付いていて当たり前だね。

そして、自宅から30分弱の秋月電子通商の八潮店に、それらしい類似品が存在するようだから、CBXで一っ走りしてきた。

PICT0045.JPG


PICT0047.JPG


スポット溶接されたラグが、180度違っているけど大丈夫。
ひっくり返して取り付ければ、電極も辻褄が合うから大丈夫!

たぶん  ^^;

PICT0052.JPG


新しく入手した電気二重なんたら・・・を、逆向きに取り付け接着剤で固定した。
^^v 見事復活である!

店までまた往復するとガソリン代の方が高くつくので、上手くいった場合を考えとりあえず2個買ってきた。
それじゃあ、同じ症状をもつ本命にも、元気に復活してもらおう。

gPICT0004.JPG


DiMAGE X20 2003年生まれである。
これを一番多用しているのは、何と言っても単三電池仕様だからだ。それだけではない。
この画像からXgになるが、それまでは全てX20の画像。Exif情報を見て頂ければ分かるが、加工は一切なしのそのままUPだ。旧いヤツでも結構好みの絵を出してくれる。

使い勝手で言えば。
とにかくマクロが強力で起動も早い。起動しても沈胴式みたいな出っ張りが無いから、そのままポケットに放り込んでおける。小さいし。
そして、電池に困らない。

デジカメの過渡期には、各社画素数を競っていた。画素数=画質、ヘンな流れも有り。
半年毎に出ていたニューモデルが、画素数UPを前面に押し出し、A4印刷でもこんなに綺麗!って。
自分も何台買った事か・・・

書き始めたらきりが無いけど、今は200万画素のコイツで十分だ。頼りになるメモ帳。

gPICT0005.JPG


gPICT0006.JPG


液晶パネルはカシオ。

gPICT0014.JPG


gPICT0021.JPG


ここでもSANYOのロゴを見つけた。一時期、日本のデジカメ業界を、陰で支えていただけある。

gPICT0016.JPG


X20の場合はこんなやり難い場所にある。

gPICT0023.JPG


やっぱり全く同じコンデンサーが使われていた。これも同様に交換し完全復活だ。

決定的な不具合はメーカーの評判に関わるが、かと言って新作を売りたいジレンマが付きまとう。
ユーザーに「仕方がないか」と思わせる、何らかを潜ませておいても不思議ではない。
いや、常に目新しさをアピールし、生き残りをかけたメーカーとしては、当然の手法だと思う。

しかし、「あきらめタイマー」を、逆に楽しんでいる変人もいるのだ。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク