So-net無料ブログ作成
検索選択

何が楽しいの? [モンキー(Z50J)]

当たり前のことだけれど・・・
何処かを綺麗にすると、手を掛けていない所が目立つ。
ある程度やると走ってみては自己満足、だけどまた何処かのボルトを緩め始める。
全て分解し最初からやり直せばは分かっている、が、ピカピカのレストア然とはしたくない。

何より、楽しみが終わってしまうじゃないか!

フロント外し.jpg


ヒマが出来るとフロントホイールをバラしている。でも、それで済む?
うーん、うーーーん ^^;

リア外し.jpg


やっぱりね・・・
それでこの機会に、何時かはと思っていた足回りを始めることにした。あくまでもノーマルのスタイルを崩さない、を基本として。
この辺りやマフラー関係から手を付けるのが、定番中の定番なモンキーだから、それらの情報は幾らでも入る。しかし逆に純正色がよく分からない・・・結局、どうにかネットで探し当てた。
ホンダ純正のスプレー缶が存在する事にちょっと驚いたけど、最近にしては珍しいほど納期がかかる。

えー、マチである。困っちゃうな。
正確な表記では「ナ」は小文字(「こまっちゃうナ」)である・・・

リアフェンダー.jpg


それで前から気になっていた所を、この際とばかり触手を伸ばすのだ。

プリー外し.jpg


ポイント関係の状態も確かめたく、フライホイールを外そうとプーラーを探す。かなり以前に、セローで使ったあれ・・・と、大体探し物は無いものだ。
♪まだまだ探す気ですか?   リンクは  貼らない ^^;
それで出てきたのがコイツ達だけど、特にギヤプーラーは色々使えるヤツである。
今回は上手く爪部がセット出来たけれど、それでもいわゆるSSTであるフライホイールプーラーより、かなり広範囲に使えるので出番が多い。

ポイント.jpg


プーリー裏のカムに細かな傷が見られるが、指で触ると大したことは無かった。ポイントも特に問題は無いので、エアガン等で各部を清掃した後、カムにごく薄くグリスを塗ってから組み直した。

タイミング.jpg


フラマグ点火はバッテリー式とは違い、明確なon-offが分かり難いかも。豆電球の明暗判断でも良いが、やっぱりテスターを使っちゃうとね。明るい場所でも、0.2Ω→2.1Ωに変化する瞬間を捉え易い。
チョッと点火時期が早い感じだけれど、ガバナーなんか無いモンキーだからこれで良いや。



確認でエンジンをかけてみた。特に何もしていないので、変わる筈はないのだけれど・・・

スイングアーム.jpg


スイングアームやブレーキペダルも。

チェーン.jpg


細かいパーツやチェーンもマジックリンに漬けておけば、大体大まかな汚れは落ちてくれる。
後は好みに応じてワイヤーブラシで仕上げる。

チェーンなんか新しくすれば?
いや、この少し残した錆び具合に味が有って#$%&・・・

ボルトナット.jpg


ボルトやナットも#$%&・・・
だってこんな刻印があるのは#$%&・・・

はい?楽しいに決まっているじゃないか。
だからもう聞かないでくれ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ワタシニ電話シテ下サイ [650-RS(W3)]

昔、少年達の記憶力は研ぎ澄まされていた。
訝しむオヤジの視線をかわしつつ、住所や電話番号を瞬時に覚えていたからだ。
ここで言うオヤジとは立ち読み先の本屋の主人、その後は通信販売先の事である。

ライオンさんで遊ぶ子供に、怖がられた飼い犬の姿を見て[ひらめき]
直ぐにスマホで申し込めば、夕方には皆ハッピー!

そんな時代になろうとは夢にも思わなかった少年達であったが、覚えなきゃいけないのはもっと他に有るだろう!な彼らでもあった。

オレンジ.jpg


”ヘルメットをかぶろう”なんて一節を見受けるのは、着用の義務は有るが罰則なし!時代ならではの広告だ。ちょっと前の自転車二人乗りみたいなモンだね。
時間に余裕の有るお巡りさんにとって、お声掛けをしたくなるのは今も昔も高校生諸君だ。
「あーもしもし!ちょっと止まって下さい。どちらにお急ぎですか?もう少し控えめに走行なさっては如何でしょう。それと腕に通したヘルメットは、正しく着用・・・」
えー、迅速な行動を心掛ける少年は、ヘルメットを被る時間もつい惜しみがちであった。
んな事あるか!
「とりあえず持ってはいるけどよ。だって止められた時、話がややこしいからサ」それも本音であっただろうが、やっぱりヘルメットを腕に通して走るのがだったのである。

それにしても”せいぜいご利用ください”、今だったら「ナメてるの?」ってキレられそうな使い方であるが、本来の意味から段々とずれてきただけだね。
”全然”をためらいなく肯定的に使うのと同じかな。

広告2.jpg


バイク乗りには馴染みが有る用品ショップの原点広告である。

それにしても、当時でさえグリップが一般的な言い方だったのに、”ニギリゴム”である、流石”ゴム工業”である。しかも100%生ゴムと強調してあるから、淫靡な含み笑いを堪えながら会話する少年達であった。
こんな事くらいで何を・・・下らぬ想像力だけは豊かだった ^^;

広告3.jpg


国鉄(JRはまだ無い)で真っ先に思い浮かべるのはストである。
和気藹々とした地元のバイク仲間であるが、通う学校はそれぞれであった。だから通学の方法もそれぞれであり、交通手段の話題も豊富で楽しかった。
A・他3名「うほほーい、俺たち明日から休校だ!」
B・その他「えーっ、またストか?」
A・他3名「その通りだぜ。僕たちはミニトレの整備だから、君たちは学校に行きなさい」
B・その他「何が整備だよ。もっと五月蠅くするつもりか?」
A・他3名「あー君たちは、気にしないで学業しなさい」
えー、その後も穏やかに唾を飛ばし合う、愉快な仲間達であった ^^;

だけどバイクの通信販売って、しかも半額を現金で送るって、今の感覚からすると空恐ろしい限りだ。電話又はハガキでお確かめ・・・怪しいオークションなんか無かった時代だ。

そう言えばあの辺り、バイク屋が沢山あったなぁ・・・
「あゝ上野駅」by井沢八郎                  これ、自分にとっても古すぎ。

広告1.jpg


ヤングのルームファッションは、大脱走のスティーブ・マックイーンが定番であった。
決してリンゴではない!!



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ヒカリもの [モンキー(Z50J)]

ある程度自分なりに綺麗にしてみると、あまり関係ないけれど走ってみたくなる。
走りに関わる箇所を弄った訳ではなくても。
だから適当なところで止めておいての筈が・・・

PICT0001.JPG


取り付ける前にしみじみ眺めていると、どうしてもくたびれた感が漂うシート。うーん、何だろう。
全体的にそれほど悪くは無いのだけれど、やっぱり光るべき物がそうでないと、だな。
そう思い始めると止められなくなる。

PICT0004.JPG


PICT0007.JPG


こんな小さな鋲は流石に磨く気になれない。裏側もこんな感じだし。
いっそ取り換えてしまおうか、似たような感じのでも良いし。で、例によって作業は一時中断、ネット巡りが始まる。

PICT0013.JPG


PICT0015.JPG


色々調べてみると良さそうなものが見つかり、早速取り寄せてみる。早いなぁ本当に最近は。
それで現物を並べてみると、おお、アタリかも・・・ノギスで各部を測ってみるが、全く同じじゃないか!
メジャーな物だったら情報はもっと沢山得られるし、それこそ実際の店舗で確認が出来る場合もある。こんな些細なパーツの時は半分”賭け”、まあそれも楽しかったりして。

PICT0032.JPG


小さくて目立たないパーツだからと思っていたが、こんなに雰囲気が一変するとは小躍りしたいくらいだ。ただ取り替えるだけなのだが、やはり新しいヒカリものは良いな、と。


PICT0033.JPG


排気関係のプロテクター取付けビスも、全て新しくしてみた。規格ものだからホムセンで気軽に入手出来るけど、手間の割にはグッと締りがでてくる感じだな。

PICT0027.JPG


苦労して磨く主要品は勿論だけど、小さな部品もそれなりの主張をする。
鋲やビスらは画竜点睛?まさか・・・でも少々認めざるを得ないかも。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

おもちゃの延長 [バイク・クルマ]

ネットが当たり前の存在になり久しいが、時々少し考えさせられる記事にあたる。
たまたま見つけたこんな記事に、えっ、まだ「三ない運動」なんて有ったんだ!と。

540836900ALL.jpg

とりあえず”トイザらス”から画像を拝借したけれど、この子供は本文と関係が無い。
ただ、現在バイクを弄っている時の自分は、ここで遊んでいる子と変わらないなと思う。変わらない所か基本的に全く同じだ。今までも、多分この先も。

『世界に冠たるクルマとバイクの先進国である日本の将来にも関わる課題だ』
こんなシメで終わっている記事だけど、「三ない運動」が始まった時点で、若者のクルマ離れも始まっていたと思う。
色々と功罪を羅列してあるが、そんな事はとっくに議論しつくされた感が有る。普通にバイクからクルマへ移行し、それらを謳歌し未だに忘れられない。
忘れられない所か、謳歌が続いているオジサンとしては ^^;

それよりまだ続いていたあの「縛り」に深いため息をし、今度は本気そうだなと感じ始めると同時に、逆に今更何故?と思ったりする。きな臭さみたいなものを、勘ぐったりして。
バイクが売れなくなれば、クルマも同様になるのは当然だ。

男の子がクルマや電車やロボット等々の玩具に興味を示すのは、誰かに勧められたから?教えられたから?そんなことは無いよね。
逆に小さい頃は何のしがらみもないから、自ら興味の湧く物でしか遊ばない。段々と大きくなるにつれ対象が、より具体的に、より複雑にはなるけれど、根本的には変わらない筈だ。
先日遊びに来た娘が言うには、ミニカーに夢中になっている我が子を見ながら、「私の場合はママゴト→セーラームーン→ハローキティ」だったらしいが、女子の事は分からない ^^:

男子の興味が次第に、本物のバイクからクルマに移って行くのは、ごく自然な事であった。兄貴や先輩の姿を追うようにだが、逆に親や何十歳も離れた大人には、反感こそすれ憧れはしなかった。
自分もようやくバイクに乗れるとワクワクしている時に、その夢を突然奪われたらどうであろうか。憧れの兄貴や先輩が落胆する姿を目の当たりにし、自分の場合は夢を抱くことさえ無意味だと分かったら。
そして何時の間にかそれが当たり前になり、落胆や失望の次に来るのはシラケだな~

クルマなんて、単なる移動手段としての道具でしょ、その割に金食い虫だしさ。
バイク?雨が降ったらどうするのさ、夏は暑そうだし冬は寒そうだし、対象外だね。
電車やバスが有るから(自分も電車通学だった)、必要性なんて感じないし、そもそもスマホにお金かかるし。
まだそこそこ荷物が積めて、エアコンが付いてる軽自動車の方がマシじゃん。
えー、おっしゃる通り ^^;

我々の対象はカッコが良くて速いバイク、そしてクルマも同様であったが、もちろん中古が当たり前だった。
2ドアクーペ・ハードトップ、セリカ・スカG・サバンナ・240Z・GTO、無理したソレ・タコ・デュアルなのにかえって遅かったり。ダッシュクーラーが付いていると羨ましかったし、エアコン?何それ?
そして少し落ち着いた先輩から「いつかはクラウン」だな、と言われれば大きく頷いていた。

中古車の選択肢がほぼミニバンや軽自動車になり久しいが、本当に移動手段としての道具に成り下がったクルマかもしれない。
大体若者に金が無いのは昔も今も変わらない。だから必然的に中古車しか買えないが、しかし何時かは新車をと夢見ていた。

将来、新車の消費者になる可能性が有る高校生の、第一歩を奪ってしまえばどうなるか。
人を殺める事さえ出来る包丁を、とりあえず取り上げさえすれば・・・

「謳歌とか美化しているけど、原因を造ったのはアンタ達だろ」、おっしゃる通りかも。
だからもうこれ以上は・・・何時もそんな気持ちになっていた。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

増える目的 [モンキー(Z50J)]

何処かに手を入れれば、やっぱり他が気になる。
いつの間にか放っておくクセに、弄り始めると思い出したように面白い。

PICT0005.JPG


この場所は水分が溜まり易い事も有り、錆び方が一番激しい。標準で装備されるリアキャリアは、ほぼ車体の一部だから気になっていた。
オークションでもリペアでも純正でも、何が何だか分からなくなるほど沢山あるので、大いに迷うのがモンキーのパーツ選びだ。面倒くさい形状のキャリアに関して言えば、単純に手間だけを考えるのなら新品を・とも思った。
でも、とりあえずこれを磨いてみようかな、その後でまた考えれば良いや。

PICT0026.JPG


シートを、キャリアを外して・・・やっぱり最初の目的から逸れ始める ^^;
この際マフラーも!だって気になるもんね。

排気関係は冷熱を繰り返すから、その部品が錆びに悩まされる。特にネジは錆びと言うか腐食と言うか、グチャグチャも覚悟しなければならない。旧いバイクだから最初から諦めてかかろう。
エンジンに近づく側ほど、段々とその激しさを増すが、状況を見ながら慎重に。今回も直ぐショックドライバーを使い始めた。

PICT0030.JPG


腐食等による固着に対し力任は禁物だ。衝撃力を固着の緩和と同時に、回転力に変えてやるこれが最適だ。だからと言ってただガンガン叩くのではなく、緩み方が悪いなと感じたら逆にちょっと締めてやる。
特に重症の場合はこの繰り返しが大切で、「♪三歩進んで 二歩さがる~」だね ^^
手回しドライバーでも何とか回るまでになったら儲けもの、あとはCRCなんかをかけながらガッツポーズだ。
で、マフラー側のプロテクターは無事に外れた。

助かった.jpg


エキゾースト側のビスはM6→M5と一段細くなるし、熱の受け方もダイレクトだから鬼門だ。最後の手は加熱だが、ここは所謂バーナーとかは必要ない。エンジンをかけてやれば良いだけで、周りにオイル系とかが多いから、危ない火炎は使わずに済むなら越したことはない。

上側は何とか外れたので、後からタップでネジをさらっておいた。  が。

折れた.jpg


EXポート直下は流石に”キビシー”by財津 一郎

えー、やっぱりやってしまった。もうここまでになれば仕方がない、殆どナットとビスが同化しているし。
一番早くて簡単なのはナットを切断砥石等ですっ飛ばし、新しいナットを溶接してやれば良いのだが、それじゃ面白くないな。

M5図.gif


また小学生の落書きみたいのが出てきたが・・・
ビスの赤い線の所から頭部がねじ切れ、ナット内に残った他の部分が一心同体になっている。

ちなみに、
ここに使われているネジの呼び名はM5x0.8だけど、まずMはメートル法の頭文字である。その後は外径(φ)が5mmで、ピッチが0.8mmを表している。これを基本として長さは色々だね。

更にビスとナットの関係を分かり易く記せば、”外径5mm=ビスの頂部=ナットの底部”で、”5mm-ピッチ0.8mm=4.2mm”と考えて良い。細かい事は抜きとして。
理想を言うと4.2mmのドリルで中心をもんでやり、残った邪魔者を出来るだけ除去すれば良いのだが、なかなか真中心は難しい。だから、いきなりの理想から開始は冒険だ。
出来るだけ細いドリルから始めて、状況を見つつ徐々にサイズを上げていくのだ。

PICT0026 (2).JPG


ボロボロとこんな感じで、ビスの残骸が出てくればOKだ。後はこれを地道に繰り返すのだけれど、完全に除去するのは難しい場合も多い。
ただ慎重にやらないと、エキパイにまで穴が貫通!
涙すること限りなかった・・・

PICT0027.JPG


ネジ山がある程度確保できそうになったら、タップで修正しつつの程々にが肝心。本当に”過ぎたるは・・・”だから、せっかくここまで来たのにやり過ぎたら泣くだけ ^^;
実際に新しいビスを入れてみて、大丈夫そうになったら終了、次にやる時は多分ナット部を付け替えだな。
エキパイ部のプロテクターは軽くて小さいから、これだけネジ山があれば良しとしよう。

PICT0002.JPG


耐熱塗装をしてから車体に戻してみた。うん、なかなか良い感じ、か?
しかし、我ながら塗装が下手と言うか雑だな~

プロテクターで殆ど隠れちゃうから気にしない ^^;

キャリア.jpg


やっと本題に入った。
例によって電動ドリル+ワイヤーブラシで臨むも、一部の深すぎる錆びには歯が立たなかった。
意地になってエアリューター+砥石!攻撃だと、流石に錆び自体は取れるが、削り跡はどうするの?状態だ。所詮、全ての錆びを取りきれないし。
だからこんな程度で止めておいた。

放っておいてもそれなりだし、弄ればそれもそれなりだ。
持ち主の気紛れにも付き合うヤツ。
だから・・・
とりあえず手元に残しておこうか、そんな気にさせるバイクかも。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

燃料噴射 [バイク・クルマ]

決して忘れていた訳じゃない。
正直、あまり気にかけていなかったけど・・・

PICT0041.JPG


例えば、靴集め(そんなの有るの?)が趣味の場合、それを眺めたり磨いてみたり、何がそんなに楽しいのって思われるかも。興味が無い人から見れば。
えー、この例えが合っているのか分からないけど・・・でも庭履きなんかのサンダルはどうだろう。
このレッツもそんな感じかな。タバコが切れた!とか、パーツクリーナー無くなった!とか、セル一発でちょっとそこまでには、とっても便利なヤツである。
そんなアッシー君(死語だ)もいい加減キレるよね。考えてみればそろそろ十年選手なのに、1回も不満を漏らさなかったし。
でもそれは突然やってきた。

PICT0007.JPG


モンキーを弄っていた時、ちょっとホムセンまでOリングを買いに行った帰り、突然息つきをし始めた。うーん、そろそろプラグくらい換えてやろうか。ちょっと解せなかったけれど。

なかなか良い焼け方をだが、頑張りました感も結構あるぞ。
そう言えば距離計は既に一周していたな~電極がこんなに減るのも無理ないな~
よしよし、新品に換えてあげるね。
「違う!違うんだってば」         レッツ君、何をまだ怒っているの  ^^;

PICT0008.JPG


プラグを換えて試乗してみたが、全く症状は変わらずだ。
『おかしいな、ポイント?フロート?ジェット?』、えー旧い人間は、有りもしない事に考えを巡らす。
そして、むしろ酷くなってきたと思ったら、初めて走行中にFIランプが点灯したのだ。
「どう?これで分かるでしょ」、しかしただ狼狽え、更に疑問符の嵐に襲われる。
あのーFIなんだけど・・・Fuel Injectionなんだけど!
ハハハ、燃料噴射だった ^^;

しかし本当に良い時代だな。ネットで調べると、ECUに行くスロットルポジションセンサーからの配線に、断線し易い持病があるそうだ。

PICT0022.JPG


うーんこれだな、直ぐに見つかった。ネット時代に改めて感謝だ。
しかし・・・たかがこんな配線1本で・・・とにかく重要なのね、頼りないく見えるけど。

PICT0026.JPG


昔のとは比較にならないほどの、防水・防塵性を持つカプラーだけど、逆に今回のような場合はどうやって補修しようか?
簡単に分解でき無さそうなカプラーだし。ましてやギボシなんかどこにも使っていない。
またネットで色々調べるが、やはりハーネス交換が普通みたい。ヤッパ最近はそうくるのね。
で、断線箇所から辿っていくと・・・大変じゃん!以前やった、スカイウェイブでの外装バラし悪夢が蘇る。
しかも、配線のたった一ヵ所断線で全とっかえ?冗談じゃないぞ!

もうこれは、カプラーをバラすしかないな、ギボシ接続で鍛えたオジサンをなめんなよ ^^;

昔のカプラーは端子から爪が出ていたけど、今のは何も無いように見えた。でもさ、嫌がらせ?こんな細かいの、オジサンに優しくないぞっ。
仕方なく虫眼鏡を持ってきて改めて観察、こんなカプラー一つも驚く進歩だ←ウラシマか!
それはそうとして。あれっ、カプラー側から何か引掛けみたいのが出ている・・・
しかし要領さえ分かれば案外簡単だな、しかも確実にロックできる構造だし。ちょーしに乗り、生きている赤線までバラしてみた。

PICT0031.JPG


色は違うけれど同じ太さの配線を、完全に金属疲労でちぎれていた残骸に、余裕を見て長めにハンダ付けした。これ持病らしいけど、真ん中のピンク線ばかり切れるの分かるな。元々短めだから、振動をモロに受ける。経年劣化は仕方ないが、ちょっと張り過ぎに思う。

PICT0034.JPG


PICT0036.JPG


新たな配線を付けた端子をカプラー本体に挿し、あとは車体側のピンク線とハンダ付けするだけだ。そして振動の影響をなるべく受けないように、取り回しを考えながら車体に収納した。
試乗に出かけるが一発始動だしFIランプも点灯しない。また何時ものレッツ4に戻った。
繰り返すが、たった1本の配線だけで・・・それが今は当然なんだね。

でも、ちょっと寂しさを感じるのは何故なのだろう。

ロードパル.jpg


サンダルバイクと言えば、まずこれを思い浮かべる、旧~い人間だ。
しかしバイク弄りの楽しさを教えてくれた1台でもある。とにかく安価に提供するため、それまでにない思い切りの良さは驚きだ。悪く言えば安物だが、久しぶりに造った2ストでもやっぱりホンダだった。

”パワーアップの手始めは圧縮比、まずはヘッドガスケットを薄手に”そう聞けばノートの表紙を切り抜いていた。
”絞りを変えると反射波が〇〇で充填率が◇◇”また新しい情報だと喜び、何処からか拾ってきたテレビアンテナのパイプを排気口に差し込んでいた。
”混合比は”で、ジェットニードルのクリップを・・・

何が功を奏するのか良く分からず、手当たり次第にやってみるも深まる謎ばかり。
あっ、1つだけ分かった事が有る、結局速くなったのはガソリンの減り方だけ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

やっぱり良く考えてある [モンキー(Z50J)]

リアショックを磨いてみた。
光らせ具合って結構難しい。メッキをすればある意味一番簡単かも知れないが、ただ光らせたくはない、自分の好みにしたい。そんな場合は手間暇かけてひたすら磨くしかない。

前後.jpg


こんな感じかな~
他の部分に比べテカテカの不自然さは避けたいが、かと言って折角バラしたのだから綺麗にしたいし・・・

重量.jpg

きっかけはこれだった。
ただでさえ交換が簡単なモンキーのリアショックだが、センタースタンドを付けるとさらに気軽だ。何の気なしに外して、重さを量ってみたが・・・倍ほど違うのか・・・
どうしてもノーマルショックの落ち着きなさが気になり、出来るだけ元のスタイルを崩さない範囲で社外品に換えていたが、外見には何時もちょっとした違和感を感じていた。
う~ん、ちょっと大袈裟って言うか、絶妙なバランスが崩れている、みたいな。
この際ノーマルに戻してみようかな、でもそのまま戻すのも錆びだらけはね~

PICT0007.JPG


PICT0013.JPG


PICT0023.JPG


大体バイクのスプリングを縮める際は何時もこんな感じだ。
かなりオーバーにみても、車体重量300kg+人間2人160kg+α=500kg、後ろにかかる荷重をx0.6とすれば=300kgだ。だから2本サスには1本あたり150kgだけど、これは勿論フルバンプした時のスプリングにかかる荷重。だからこんなので十分である。
ただキモは3本掛けにする事、少ないと安定しないし、多くてもかえって難しい。三脚だね、要は。
かなり昔から有るのだけれど、最近は梱包がスマートになり、あまり見かけない物の一つだ。丈夫だし何より安い!しかも経年劣化が無く腐らないから、間違いなくウチのは昭和モン ^^;
画像にあるフロアジャッキも負けていない ^^;
コイツの応用範囲はかなり広い。オークションなんかの発送時には勿論、粗大ごみの纏め等、とにかく強力かつ緩み難い。便利なインシュロック(タイラップ)が大衆化した最近だけどね。

PICT0024.JPG


PICT0026.JPG


一応グリス?が封入されているようだが、カシメと圧入がこれ以上の分解を想定していない。
でも出来ないことは無い。この状況だとカシメの方が攻略し易そうだから、燃える男は戦闘モードに突入しそうだった。
だけどこの細いショックを分解して、グリスを入れ替えたとしても分かる?苦労する割に体感できるような効果が。

・・・止めた ^^;

PICT0002.JPG


PICT0008.JPG


表側は簡単だ。例によって楽したがりだから、歯ブラシみたいな手動のワイヤーブラシはあまり使わない。あくまでホイールやカップ型を電動工具に付けて、一気に錆び落とし→磨きをやるのだ。
ただ、ブラシの材質は鉄から真鍮にと、状況や好みの輝き方に応じて変えてやる。その後はスコッチブライト・・・これ商品名だけど、セメダインみたいなモンだね、の登場である。スプリングみたいな曲面磨きには使い易いが、が!
以下の様な使い方は、邪道中の邪道である ^^;

内側、特にその奥は、手動のブラシだったら何とか届くが、力が入り難いし時間がかかって大変。それはスコッチブライトでも似たようなものだ。
じゃあドリルで回してしまえ!回転方向と巻き付け方とその量と・・・ダメ!
比較にならないほど楽だし綺麗に・・・ダメだって!

PICT0012.JPG


PICT0009.JPG


磨いた後にメッキは勿論しない。と言う事は錆び、ある意味の保護膜が無くなり、鉄の地肌がむき出しの状態だ。以前、梅雨時にそんなのを2・3日忘れ放置していたら、大変なことになった苦い思い出が有る。
だからクリア塗装をしておいた。しかし嬉しいような、良いの?価格破壊?のような、複雑な気持ちだ。

PICT0002 (2).JPG


これがその”苦い思い出”だ。
簡単に外せるパーツだからとそのままにしておいたが、この際だからこれも再度磨いておこう。

PICT0014.JPG


PICT0016.JPG


簡単な止め輪で装着してあるようだが、シンプル且つ強固な方法であると思う。W3のフロントフォークのオイルシールも同じような止め輪を使っているが、ここは内外で止め輪を挟み込む形にしてあるからちょっと厄介に見える。
だけど2重巻のスプリングワッシャーを縮めてやれば、小さなマイナスドライバー等で簡単に外せる。このような箇所を縮めるのには、バルブスプリングコンプレッサーをまず思い浮かべる。ここの止め輪はバルブコッターと同じような使い方だから。

でもそんな物はいつの間にか無い ^^;
だからその辺にあったコーキングガンを使った ^^;

勿論ネットでも買えるけど、近所のホムセンの方が結局は安いかも。

PICT0025.JPG


比較.jpg


光り具合のバランスからこんな程度にしておいた。
それと試乗してみたリアショックの感じだけど、機能的には何もしていないのだから以前に戻っただけ。なのだが・・・やっぱりこっちの方がモンキーらしいかも。

走行スピードを上げれば上げるほど、やはりバタついた落ち着きなさは仕方がない。でも、トコトコとした走り方であれば、先日オーバーホールしたフロントと相まって実に”らしい”感じだ。
外見もやっぱりこれが落ち着くな。

価格やエンジン等の違いは有れ、基本的に車体は何も変わっていない。
「何十年も前からベストバランスを造っていたのさ」、そんな囁きが聞こえてきた。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

モーターサイクリスト2 [モンキー(Z50J)]

古き良き・・・良きかどうかは分からないが、夢は有ったように思う時代だ。
気化器→燃料噴射、電極接点→半導体、電球→LED、等々。
確かに手間は格段に省かれたが、素人が苦労した単純さはその代償で消え去ったのか。
「メインジェットを〇番にしたら加速が」と聞き、逆に悩みが増えただけだったり、点火時期を弄り過ぎてネジ穴をダメにしたり・・・
結局は何もしない方が良かった訳だけど、夢だけは溢れるほど有った。

最高速.jpg


さらっと書いてあるが、あくまでメーカーの主要緒元からである。全長や全高と同列で最高速度(推定)も記載されていた。この例であるモンキー等の原付では低めに、逆にナナハンなんかの場合は「スゲー!」めに発表していたように思う。そう、メーカーが推定と言う”夢"を与えてくれた時代だ。
ナナハンの200km/hはそう簡単に体験できる訳もなく、しかし原付の50km/hは少年でも県道で実現できた。が、その後が大変、鼻息荒く「俺のなんか52km/h出たぞ」「いや俺のは54km/hだ」、「おまえ下り坂でやったろ」「ばかやろー〇〇の交差点先からだぞ」・・・最後は唾を飛ばし叫びあう、カシコイ少年達であった。
だから夢が・・・夢?

話題.jpg


雑誌のコラムも負けずに夢を与えてくれた。
ムスタングマッハ1は最高速度300km/h!しかもポリスマンが言ったこと!この小さな記事でも少年達には衝撃だった。
「すげーなアメ車って」「おう、ナナハンでも勝てねーわ」と。あくまで少年達の尺度はまだバイクのみだったのであるが、何でパトカーが300km/hも出る必要が有ったのかについては疑問の余地も無かった。
だけど経済速度が160km/hなんて、むしろこっちの方が驚異的なのに、地味な数値は意識的に無視・・・よく分からなかっただけ ^^;

ああ、この頃だったな~R122の真ん中に有る空き地の謎が分かったのは。

愛車.jpg


これ、内容がどうのこうのではない。安全の為?モザイクをかけたが、今からすれば驚くべきは実名・実住所モロ晒しだ。
まあ、驚くも何も当たり前の時代だったが、逆にこれが良い方に作用する場合も多かった。直接本人にお便り(DMなんて語はまだ無い)したのがきっかけでツーリング仲間になったりとか、『プロポーズ大作戦』にまで発展したりとか・・・後者は分かんないよね ^^;
とにかく、「社員乙」とか「絶対ステマ」とか、そんな猜疑心の成立する可能性さえ無かった。
ただ、現在のブログ等と違い何でも好き勝手は書けなかった。一応編集者のフィルターを通るから、それなりに良識ある物しか載らなかったので、投稿する方も結構まじめだったと思う。
そうは言ってもたまにヘンなのも有ったが、今みたく”炎上”とかは無かったな~
ここに載ったりすると地元じゃヒーローだったから、プロの真似してガラにもない投稿をしたが・・・採用されなかった ^^;

漫画.jpg


これも例によって実名晒し、その他のコーナーも同様だけど。
だいたいこの手の漫画は風刺方向に走ったり、時代の世相を反映する場合が多い。
そしてまた当時を思い出すのであった。この前年に起こったオイルショックや、強いアメリカの象徴であったアポロ計画の事なんかを。
しかしなぜ石油が危機になると、トイレットペーパーが買い占められるの?原油価格と直接関係のないのに。とか。
また、トレぺをパニックのように買い漁る姿が、連日TVを賑わしていたけど、「個人が買える数なんてたかが知れているだろ?」とか「とりあえず新聞紙を手もみして使えよな」とか。
結構冷静な少年達だったのである。
でも走り回りに直結するガソリン代には冷静で居られ無かった。「[野球]スタンドが〇円安い」と聞けばすっ飛んで行くし「[サッカー]石油の方が△円安かった」と聞けば争うようにぶっ飛んで行ったのである。
弄り過ぎたキャブをだましだまし、生ガス臭い排気をまき散らし・・・
そんな時1人の少年が「何やってんの?」、我に返る無言の少年達であった。

極端だけど80円/lが次の日100円/lみたいな感じであったから、あちこちで笑い話に事欠かなかった恐ろしい時代でもあった。

しかしほろ苦くも楽しかったあの頃を、限りなく湧き出させる旧いモーターサイクリストである。だからタイトルに"2"を付け加えたが、更にそのモノトーン広告を眺めるにつけ、まだまだ止め処なく流れる涙 ^^;



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

モーターサイクリスト [650-RS(W3)]

何故昔の記憶は鮮やかに残っているのだろう。
今や1階から2階に上りついた瞬間、何をしに来たのか思い出せないのに・・・

MS.jpg


何気なくヤフオクを徘徊していた時、この表紙に吸い寄せられてしまった。
目にするのでさえ何十年ぶりの写真だが、その隅々の内容までニューロンネットワークの奥深くより引き出され、更に気が付くと中学生の自分が何やら叫んでいる。
「絶対にこれを手に入れろ!」と・・・

Back_to_the_Future_film_series_logo.png


早速デロリアンに乗り込み1.21ジゴワットの落雷を受け、PCの前の現実に戻った私は右手人差し指を動かしたのだ。

確か2輪に目覚めたのは小学6年生の林間学校でだった。榛名湖畔での昼食の際に誰かが、「あっ、ナナハンだ」と叫ぶ。そして、そいつが得意になって解説を始めた。これ俺の兄貴も乗っている世界一速いバイクだぞ、200km出るんだぞ、マフラーが4本も有るんだぞ、ブレーキが・・・etc。
とにかく絶壁のように立ちはだかり、爆音を轟かせるCB750にただ圧倒されていた。
それから本屋で毎月のようにバイク雑誌数誌を、オヤジのハタキ攻撃をかわしながら立ち読みし、空知識だけはふんだんに得ていた。
高校受験を現実的に感じ始めながらも、相変わらずバイクに夢中だったあの頃。そんな自分が自腹で買った最初の二輪雑誌がこれだ。
その頃は隅から隅まで貪るように読んだから、それが現存するとしてもボロボロだっただろう。幸い手にしたこれは、年相応の良い味を出しながらもしっかりしている。


RS.jpg



表紙をめくると毎月決まった順列で出てくるカラー広告、ホンダ・ヤマハ・スズキに続くのがカワサキだった。
当時、中学生だった自分にとっての憧れは、間違いなく左側の750-RSであって、650-RSはその時でさえ時代遅れバイクの認識だった。立ち読みで得た溢れる空知識から。
しかしまさか650-RS(W3)が時を経て、自分の身近に存在するバイクになろうとは、夢にも思わなかった。

既に"ナナハン"と言う語が市民権を得ていて、国産4メーカーからそのトップモデルが出揃っていたが、若者にとっては「速い」「でかい」「多気筒」が憧れの対象だった。要するに分かり易く無くてはダメで、味わいだとか扱い易さなんて考える余地もなかったのである。
そういう意味でヤマハのTXは不利だったな。これと言ったアピールポイントもキラキラした華も無く、何故今更XSの拡大版を出すの?程度にしか思われていなかった。後の所謂"HY戦争"が信じられないほど、当時のヤマハはホンダとのガチンコにビビッていたみたいだ。
しかしZ2は流石だ、未だその魅力はいささかも色褪せていない。CBも偉大な先駆者に違いないが、世界中を熱狂させたZは今風に言えば"神"である。
W3は・・・Zがニューヨーク・ステーキなら、すき焼き?寿司?いや、日本人にしか分からない、納豆がお似合いだ。
コードネーム「トウキョウ・ナットウ」、テンプラやゲイシャみたく、外人に媚びて無いし素敵  ^^;

NEW MODEL.jpg


今月号の新人紹介コーナーである。
と言ってもCB550は少し恰幅の良くなった「静なる男」だし、CB750はセンターの換わったAKBの様な感じ?
モンキーZ50JやRL250にしたって、車体はNEWだがエンジンは流用だ。YZR500に至ってはワークスマシンじゃん!だから"コーナー"と言う括りで紹介されているし、完全なNEWの場合は大体表紙を飾っていたものだ。
しかし当時のロードテストを読むと、現在では、お宝!と思える記載が結構ある。その一つがCB550の一節「荒川テストコースで・・・」だ。
今は分からないが当時ホンダのテストコースが、R17が通る笹目橋のやや上流河川敷に有った。必死のバイトで買ったT250(GT250の前)で訳も無く走り回っていた頃、仲良しバイク仲間(みんなアタマ悪かった)達と偶然見つけたのだ。
「おいおい、あのタンクが真っ黒なでかいバイク何?」、カモフラージュされたそれは誰にも分からなかった。それもその筈で、実物を見るのが初めてな、国内販売されていなかったGL1000だ。
最初は、何でこんな所に立派な舗装路が有るの?だったが、特に深く訳を考えず(みんなアタマ・・・)、変わったバイク見たさで何度も通った。そのうち誰も居ない時は、そこで遊んでいたのだ。G・アゴスチーニごっことか ^^;
今考えると、ぼろいスズキやヤマハに乗った少年達が、ホンダのテストコースを走り回る図。
究極の『ありえへん∞世界』でしょ。
そのうちシビックに乗った警備員に追われるようになり、流石にアタマ・・・少年達も気づいたのだった。

価格表.jpg


1974年の国産車価格表である。
カワサキやホンダのロゴが時代を感じさせるけど、CB750よりTX750の方が高かったのね。それと原付のバリエーションがやたらと多く、2種まで含めればラインナップの2/3も占めていたんだ。
しかし軽自動車税、原付は年間500円か~

えー、限りなく湧き出る懐かしい思い出や新たなる発見。
きりが無いや・・・


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

とりあえず [モンキー(Z50J)]

穏やかな日和の年始、テレビから離れ表に出てみよう。
W3のカバーを外し眺めていると、視界の奥にモンキーが映った。

「おせちもいいけどカレーもね!」byキャンディーズ・・・いや・・・深い意味は・・・

PICT0001.JPG


とりあえず軽い気持ちでダストシールを外してみた。
マイナスドライバーでシールの端をちょっとクイクイしてから、回すように落としてやると、干からびたグリスが「明け(開け?)ましておめでとう」している。
軽い気持ちって・・・こんな事したら、これで終われる訳が無いでしょ。

今年も性分は変わらないようだ。

PICT0006.JPG


柔らかな日差しとは言えやはり冬だ。日当たりを求め寒風を避けるよう、ぬくぬく場所にモンキーを移動させた。これがコイツの良い所、W3じゃこうはいかない。
しかしこの前付けたセンタースタンドが早速良い感じだ。フロントホイールを外すだけで、「さあどうぞ」態勢をとる。

PICT0011.JPG


ここに至るまでの過程はネット上に溢れているから、まっいいか。
だけど思ったより、内部のグリスがグリスらしいのでちょっと驚いた。色・ネチョネチョ感共に、コイツの年式から想像するにマジ?だ。
それにしても、この状態にする過程で出てくる細かいパーツ類に、錆びや固着が殆ど無くて助かった。
ちなみにサークリップ(スナップリング)。これにも色々種類が有るが、軸・穴・同心・Eを問わず、最近はまず専用工具を使わない。ほとんどラジオペンチか、画像にある様なのでやっている。
サークリッププライヤーは意外と汎用性が低いし、昔は先端(爪)部を都度グラインダー等で調整していた。だから数ばっかり増えたり・・・
で、今は100均のしか使っていない。まあ、それも含め趣味だから^^;
ダメになったら捨てちゃえば良いし^^;

PICT0013.JPG


スプリングピンを外す前に、壊れそうな樹脂ガイドはずらしておいた。う~ん、スプリングピンの太さが4mmだぞ、昔使ったピンポンチは5mm用だからダメかぁ・・・
それで迷わず3.8mmのドリルを取り出す。勿論、普通と逆使いにしてポンチ代わりとするためだ。

PICT0022.JPG


ハンマーなんかよりドリルの方が全然強い(固い)から、刃が負けて欠けたり割れたりとかはあまりに無い。まあ、何かあっても砥ぎ直せば良いしね。
真っ直ぐ刃の部分を叩いてやると、簡単にスプリングピンが抜けた。
ハンマーにしてみればまるで自分がプラハン気分だろうな、だから表面は打痕だらけ^^;
前述の件も含め、専用品は融通が利きにくいのであまり揃えなくなった。ピンポンチだってたまたま昔のが有ったから引っ張り出してみたが、その用途以外使い道が少ない。
ドリルは本来の使い方以外に、今回のようなポンチにも使える?し、セット物なんかだと太さ0.5mm違い21本でウソみたく安価だ。ドリルの外径は正確なので、シックネスゲージみたいな使い方も出来るし、エッジを利用した穴の清掃にも重宝する。
だけど、誤解を恐れずに言えば、固いけど曲りに弱い。殆どの一般金属に穴を開けてしまう堅物君だから、やっぱり人間と同じで?柔軟性が無いのだ。
ちなみに、固さを生かした場合は様々な用途が有る。
前述の叩きに使う(普通やらない!)場合や、先を少し尖らせ穴あけ時の位置決めポンチ(だから・・・)に、更に尖らせケガキ針に・・・もう勝手にして^^;
しかし、普通に穴を開けていても、気を抜くと簡単に折れる、曲がったことが大嫌いな堅物君だ。
固い(切れる)けれどしなやかで折れ難い、と称賛される日本刀(これ、二重構造だからドリルと比べるのはナンだけど)だって、ナンチャッテ刀ほど簡単に折れたそうだ。
まあ自分的には、ある意味万能工具の一つかもね。

フォーク.jpg


PICT0039.JPG


バラバラにして清掃するが、走行距離からして年式ほどの劣化は無かった。各パーツの状態を確認していた際、上図の品番"6"にとっても嬉しいものを見つけた。
最初は何だかよく分からなかったが、よーく見ると 63.2.3 の表示。もしかして日付?63てーことは昭和63年?西暦で言うと1988年の事だ。しかしこの見事なアナログ感、多分こんなのを使ってだろうけど、最近は全く見かけなくなったな。
下町のとある下請け工場、そう、団地から近い一角にある。
今日もパートのおばちゃんは、一つ一つ出荷前の検品だ。そして今日の日付を確認し、ギアを回転させ数字を合わせる。シャチハタのスタンプ台でポンポンし、検印を押してゆくのだ・・・
そんな光景が鮮やかに浮かんできた。たぶん仲間と「ホンダさんは五月蠅いから気を使うよね~」なんて会話していたハズだ。
もう涙が止まらない^^;

PICT0041.JPG


これも作業者の姿が浮かぶ涙モンだ。
品番"10"の金属部内側に残るバリ取り跡、まるでカスタムパーツじゃないか!ホンダの孫請け町工場、煙草の紫煙と汗臭さが漂う・・・もう涙腺緩みっぱなし。
【開運!なんでも鑑定団】に出したら、二輪鑑定士が「このバリ取り跡は間違いなく・・・」とか言うんだろうな^^;

PICT0034.JPG


ついでにスピードギアケースもバラしてみたが、シールも含め特に問題は無かったからグリスアップ程度で終了だ。ケースもテカらない程度に磨いておいたが、だけどこの鷲?マークは何なのだろう。
ホンダのではないと思うが、ネットで調べても分からなかった。

PICT0044.JPG


PICT0028.JPG


他にやる事ないかな~で何気なくフォークケース内部を清掃していた時、ちょっとしたスペース発見!
「ここ、Oリング入るかも」。ダストシールも全然大丈夫だし、結局何も交換が必要なパーツは無さそうだから、それじゃあ面白くない。
効果は直ぐに分からないだろうな、単なる気休めだったに終わるかもな。
でもOリングを入れておこう。
だって、タダみたいな費用だし、何より楽しみだもんね。

鋼管サイズ.jpg


PICT0027.JPG


インナーチューブ(正式名パイプ?)径を測ってみたら約21.6φ。随分半端な感じだけど、多分上図"4"サイズの鋼管(呼称15A・1/2B)の流用だろう。早速近所のホムセンでOリングを買ってきた。

PICT0047.JPG


PICT0050.JPG


Oリングの位置関係は画像の通りだ。
しかしこの時点でグリスを塗りながらやると、そこらじゅうベタベタ&埃が付き捲りになってしまう。かと言って何も付けないと組みにくいから、こんな時はヤッパ5-56だね~
5-56は根性が無い(いや、揮発性が有ると言ってよ)から、逆にこんな場合は使いやすいかも。兎に角グリス塗りたくりは一番最後だ。

しかし・・・今更だけどモンキーのフロントサス、SS真っ青の倒立フォークじゃん^^;

倒立サス.png


昔の正月番組で、「温泉地生リレー」なんか観ている時、オヤジが横ぎった瞬間、突然画面が砂嵐状態。
間もなく{お見苦しい点をお許しください}とかスーパーが流れ・・・
えー、そんな感じ?
とにかく絵心が無いと、意識せず見苦しい絵を描いてしまう。悲惨である^^;

もとい・・・倒立フォークの話だった。
倒立フォークにするメリットとしては、バネ下重量の軽減がまず挙げられる。しかし、そもそもバネ下重量って何?そしてそれを軽減すると何で良いの?
では上手な上図を見て頂こう←つまんないから止めろ!
赤いシーソーがバイク、大きなニコちゃんがライダー、小さなニコちゃんがバネ下重量。あくまでトータル重量での比較だが全く同じ。言い換えると、上側がバネ下重量の重い正立フォークバイクで、下側がバネ下重量の軽い倒立フォークバイクである。
3個のニコちゃんが暴れる上のバイクより、1個のニコちゃんしか暴れない下のバイクの方が、大きなニコちゃんが感じる振動は少ない。
完ぺきな説明だ。えっ、ライダー側に行った2個の小さいニコちゃんは暴れないの?
ハハハ、まあ良いじゃないか^^;

PICT0001 (2).JPG


PICT0002 (2).JPG


PICT0006 (2).JPG


しかし正直なところ、たかだかこの程度のオーバーホールで、こんなに良くなるとは思っていなかった。
簡単なダンパー機構しか無く、グリス頼りなモンキー故か。

路面の段差による衝撃も、ある程度やわらいだなと感じる。
でも逆に気を付けなくては、モンキーでスピード違反はシャレにならないし。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク