So-net無料ブログ作成

中国製船外機Part2 その1 [ボート釣り・船外機]

船外機は得体のしれない中国製に悩まされ(でも楽しかった)、その後メジャーなマーキュリーに癒されたが(すぐに飽きた)、流石にもう終わりにするつもりだった。
大体からして釣りに使うからって言うのは、本人が本人に対する言い訳に過ぎず、本当はただのエンジンもの大好きヲタクなのだ。

いくら好きとは言っても置く場所にも困ってくるし、さらに、エンジンもの機械は定期的に動かしてやらないと、せっかく整備した好調子を維持できない。バイクは常に4・5台、発電機その他も数台・・・
だからあまり保管期間が長引きそうなものは、出来るだけ処分するようにしてきたが、それも限度があるのだ。だって情が湧いてきてしまうから・・・

でもこんなのは私には危険すぎる。

yhoo4st.jpg


しばらく釘づけで見入ってしまい、気が付いたら右手の人差し指が条件反射していた。”おめでとうございます!! あなたが落札しました”と、またまた祝福されてしまった。
本当にヤフオクと言い、アマゾンと言い、便利すぎて良くない。
「また後悔しないため、クリックのし過ぎに注意しましょう」くらいの警告文が必要ではないか?私だけ??

yahoo4st2.jpg


全体的なクオリティーを見れば間違いなく中国製だと分かるし、刈払機なんかの流用であろうことも窺える。しかしエンジン部はなかなか良い感じだし、しかも4ストロークでOHCだ!
何とも言えない嬉しい怪しさ、私が反応してしまうのも無理はない。
まるで猫に、猫じゃらし^^;


DSC_0463 (1280x851).jpg


DSC_0465 (1280x851).jpg


実際に来たのはこれだ。
全体的に中国製にしては、想像以上にしっかりした造りだ。

DSC_0468 (1280x851).jpg


DSC_0469 (1280x851).jpg


DSC_0470 (1280x851).jpg


DSC_0471 (1280x851).jpg


このエンジンのお手本は何だろう。しかも忠実にコピーしているようだ。
中国のテーマパークにあるような、なんちゃってドラえもんとか、それもしかしてキティーちゃん?とはかなり違う。5・6年前に散々悩まされた、何かのコピー中国製とは、まったく雰囲気からして違う。

DSC_0473 (1280x851).jpg


しかしそれはそれ、早速中国製らしさを発見。スクリューの手前にあるギアボックスだが、オイルドレンプラグが「無い」のだ。
付属する英語のマニュアルにはイラスト入りで、”100時間運転または3か月経過、どっちか早く来た方でオイルを交換しろよ。まずは図示のオイルドレインプラグ穴(2)から排出してだな、本機を立てた状態にして(1)のプラグ穴からオイルが溢れ出るまで入れるんだぞ”
こんなことが書いてあるけど、おい!そもそも(2)が無いんだけど(怒)
コホン、えーこんなことで怒ってはいけないな。きっと上海ディズニーランドがオープンするので、穴を開けている場合でなかったのだろう。
いや流石中国だ、恐れ入った・・・

そう考えると生暖かい目でこいつを眺め始めるワタクシ、何だか嬉しくさえなってきていた。
また変人が発病したようだ^^;

DSC_0472 (1280x851).jpg


せっかくエンジン部はちゃんと造ったのに、なぜこんな所をテキトーにしてしまうのだろうか。こういった物の評価は、頻繁に人が触れる箇所で決まる場合も多いのに。

ちゃちなイグニッション・スイッチ、簡単にすっぽ抜けるグリップ、節度が悪い上に華奢な取付けのスロットル。
だけどね、たぶんね。
「ニホンシン、コマカイアルネ。チュウコク4000ネン、シンパイナイネ」、こう言って高笑いだろうな。

さあ、これからしばらく楽しめるぞ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

懐かしいものが出てきた [その他]

Coleman Peak1 model400 stove
倉庫を整理していたら、こんな懐かしいものが出てきた。

P1020139 (1280x960).jpg


今から約40年前、本当にお世話になった。
数年かけて、北は北海道から南は沖縄の波照間島まで、バイクでほぼ日本を一周した時に必ず携行した。勿論若者の貧乏ツーリングなのでその8割が野宿、現地で出来るだけ安い食材を求め自炊の毎日だった。若い腹を満たすために米(頭に”古”が沢山付いた)だけは、たらふく食ったものだ。そんな時兵式飯盒でふっくらご飯を炊くには、火力調整が自由なこいつが頼りになった。
カセットガスなんかまだ一般的でなく、そのコンロ自体が今からすると馬鹿でかい時代だ。
よし、ちょっと手入れして火がつくかやってみよう!

P1020140 (1280x960).jpg


長期間保管してあったので、各部にガソリンのピッチやタールがこびりついているだろうと思い、強力なクリーナーキャブを吹きかけたら・・・
一瞬でシールのフォントが溶けてこうなってしまった。ガソリンには強いがこの手のケミカルには弱いんだな。ご老体には効きすぎるようだなんて言ったら、「昔・そんなケミカルなんか無かったぞ」と怒られそうだ。
ごめん。

P1020141 (1280x960).jpg


P1020142 (1280x960).jpg


P1020143 (1280x960).jpg


P1020144 (1280x960).jpg


今度は地道にウエスとパーツクリーナーで清掃してみたが、ちょっと手をかけてやるだけで結構しっかりしている。

P1020146 (1280x960).jpg


ポンピングすること10数回、なんと100円ライターで一発点火だ。さすがコールマン!
ごく最初だけこのような火炎が出るけど、すぐに安定する。

P1020148 (1280x960).jpg


さらに追加ポンピングをすれば強力な火力が得られる。
シュッシュッと言う独特な燃焼音も健在だ。

P1020156 (1280x960).jpg


ツーレバー式が得意とする”極とろ火”も簡単だから、美味しいご飯を炊くのは勿論、お湯の保温や「超」長時間照明としても重宝した。
カセットガスコンロには出来ない芸当だ。

P1020159 (1280x960).jpg


ガソリンはほぼ満タンにしたので、最強に戻して暫しぼんやりと懐かしい炎を眺める。五徳まで赤く熱し、この状態を2時間程持続すパワーも健在だ。
動画を撮ってみた。




ツーリング先で知り合ったあの娘は、今どうしているのかな・・・とか。
夏の甲子園を釧路のガソリンスタンドで、石油ストーブにあたりながら観ていたな・・・とか。
晴海から沖縄に行くフェリーで、同室の帰郷する人たちに、朝から泡盛をしこたま呑まされたな・・・とか。

あの頃はホワイトガソリンなんて、貧乏学生には高嶺の花で、バイクのキャブに行くホースを外して、レギュラーガソリンばかり入れてたな・・・とか。
今回もそうだけど^^;

昔は誰もそんな事してなかったし、自分もやってみて「こりゃ大丈夫」程度で続けていたが、何の支障の無かった。今もこうして元気に火炎を噴出しているしね。

今ではネット通販で「※常時、無鉛ガソリンを使用した場合、ジェネレーターの寿命を縮める原因となるおそれがあります。通常はホワイトガソリンを使用してください」、こんな注釈があるんだ。
しかし”おそれ”は今のところ無いみたい、って言うか、昔のはタフなのか。分からないけど。

ああ、バイクに荷物を満載して、ソロツーリングに行きたくなってきた。




やっぱり色々あるなぁ [650-RS(W3)]

私のW3に限らず旧い車両は、何かと不具合や故障がつきものだ。
勿論それは覚悟の上と言うか、楽しみでもあるのだが・・・エンスーの世界か・・・特に気にしだすとあちこちイジリたくなってきてしようがないし、またそれを如何しようか考えたり調べたりで至福の時を過ごせる。
それで現在最もやりたいのが、フロントのブレーキ関係だ。

http://nsink.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_1ff/nsink/P101095420(1280x960)-bd033.jpg?c=a1

見ての通りディスクにレコード状の溝がかなりあるし、効きがいまいちな上止まるの時のブレーキ鳴きが激しいのだ。走っているときもキーキー鳴いている(猿か!)。特に停止するときなんかは、歩行者の奇異の注目を浴びてしまうほどだ。そりゃそうだ、最近の車やバイクでこんなミュージック(騒音?)を奏でるのは無いもんね。まあ、W3のオーナーはみな悩んでいるようだが。
しかし今はネットで直ぐにディスク研磨をしてくれる業者が見つかり、とってもありがたい世になったものだなぁ~

P1020022 (1280x960).jpg


研磨に出すに際し前輪をばらしていた時、ふとフォークブーツをめくってみたらこの有様だ。自分自身に、今更気づくなよ~と呟きつつ、何故か笑顔になっているワタクシ。もはや変人だな・・・
勿論左右ともこんな状態であった。

P1020025 (1280x960).jpg

P1020027 (1280x960).jpg


フォークをいじるのも久しぶりだな^^  ばらす、ひたすらばらす。
ボトムケースのボルトは勿論インパクトレンチで一発。フォークのオイルシールは結構固着していたが、タイヤレバーを使いこまめに外していけば問題ない。
この辺のやり方は人によって違いがあるが、ネットで沢山の情報があるので割愛。
ただw3は旧いだけあって余計なものがついていない、と言うか、単純で助かる。

P1020030 (1280x960).jpg


案の定ダンパーオイルは、とっても芳しい香を放っている。見た目はコーヒー牛乳だな。

P1020035 (1280x960).jpg


フォークオイルはエンジンオイルで十分。特に今回はフラッシングも兼ねるため、リッター"ん"千円もするような専用のオイルなんて全くいらない。
大体からして昔はエンジンオイルが当たり前だったこともあるし、ATFを入れるようマニュアルに記載していた時代もあった。
いや、専用オイルを否定するわけではなく、勿論その存在理由や価値も分かっている。ただエンジンオイルはその名の通り、フォークオイルより過酷状況のエンジン内で使われるオイルだ。問題なし。
まあ、落ち着いたら専用のオイルでも入れようか、程度な私なのだ。

オイル量にしても凡そ165ccで全く問題ないし、ましてやメスシリンダーは何?油面高さって?の世界である。だから100均で買ったこんなので十分。このあたりのこだわりは、それ相応のバイクが気にすることであって、w3には特に必要ないと思う。
50cc程のコーヒー牛乳?入りフォークで、どこにも影響なく乗っていたのだし。
まあこれも、気軽に入手できるリペアシールのお蔭もあり、落ち着いたら・・・の私。

P1020118 (1280x960).jpg


錆びの状態からして半田やろう付け等の補修の上、再クロームメッキが王道であることは当然である。もしくは程度の良い中古の入手か。しかしコストや時間がかなりかかるし、ましてやそれでは面白くない。しかも前述のように、シールが安価で提供されている。やってみてダメだったらまた(嬉しく)悩めば良いや。
で今回は、ホーロー補修材だ。皆さん固まった後の整形を、サンドペーパーでやっているが・・・大変そう。私は横着なのでディスクグラインダー+フェルトディスクで、あっという間に仕上げてしまう。ディスクグラインダーなんてホームセンターで売っている、安物で十分!プロでないしね。

しかしどれほど持つのか分からないが、多分オイルが漏れなければそこそこ大丈夫だろう程度に仕上がった。

ああ、早くディスク研磨が終わらないかな・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク