So-net無料ブログ作成
検索選択

マフラー補修 [ミラジーノ(L700S)]

うん、何だか様子がヘンだぞ。

DSCN1743.JPG


有るべき位置に無いよね。どう見ても尋常じゃないよね。

DSCN1746.JPG


!!!下回りを覗き込んだら絶句。折れているじゃないか・・・
そう言えば排気音がチョッと漏れているような感じだったが、こんなモンかな~だった。

DSCN1749.JPG


完全に腐り切れている、とにかくこのままと言う訳にはいかない。
腐り始めたのは結構前だったろうね、まあ自分の所に来た時点でどっちにしろね。

DSCN1753.JPG


DSCN1752.JPG


とりあえずジャッキアップすることにしたが、順当と思えるビームセンターに何やら書いてある。
良く見えないのでデジカメをズームしてみると、【ご注意】だと。
誰でも普通にここだと思うからね。何故だめ?

DSCN1755.JPG


ダメなんだからダメなんだろう、他を探そうっと。
後端にある牽引(固定?)フックあたりが頑丈そう、様子を見ながらジャッキアップしてみた。
大丈夫みたい。

DSCN1762.JPG


リアアームの下にコンパネの切れ端を介し、何時ものリジットラックで安定させた。

DSCN1764.JPG


残パイプとタイコの固定部は案の定酷い錆だ。車の下に潜っての手力程度ではびくともしない。

DSCN1766.JPG


あっさりと諦めてやっぱりインパクトだね。
上側のトップバッター君はまるで歯が立たなかったけど、下側の真打は一撃だ。
先日のクランクプーリーボルトも何のそのだったから、マフラーの固着した14mmなんか楽勝。
3点差での9回裏満塁に登場は、やっぱ「あぶさん」しかいない。
ぶぉ~~~の酒吹雪・・・は無かったけど。

DSCN1769.JPG


とりあえず破れているガスケットの代替えを、シートパッキンから3枚作っておいた。

DSCN1770.JPG


改めて折れた個所を並べて見るが、これ、溶接で直そうという気が失せる。

DSCN1771.JPG


マフラーはΦ32だから何かないかな・・・有った、外径Φ34のが  ^^
確か鯉のぼりの固定パイプだっけ、よくもまあこんな物まで取っておく自分を褒める  ^^;

DSCN1773.JPG


パイプの錆部を避ける様に適当な長さにカット、でも溶接はやっぱり無理そうだ。
アークを飛ばした瞬間に腐り放題のマフラーが穴だらけ、どうせこんなオチだね。
とりあえずマフラーらしくしたいから、ここはエポキシ接着剤しかないだろう。
マフラーパテじゃ接着力が弱いから。

DSCN1797.JPG


だから厚化粧に厚化粧を重ねるのは止めろって!
隙間を誤魔化すためシリコンシーラントを塗りたくり、更に目立たない様シルバースプレーを吹いたら、余計「ここ、素人が直したよ」じゃないか。
やっぱりバンテージにしておけば良かったかな、どっちにしろ分かるけどね。

DSCN1799.JPG


取り付けてしまえばこっちのモンさ、普通には見えないだろうし。
その後200km程走ってみたが、機能的には全く問題ない。
エポキシもシリコンも100℃くらいはOKだし・・・たぶん・・・

オークションで探そうっと。それまで耐えてね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0