So-net無料ブログ作成
検索選択

リアスピーカー取付 [ミラジーノ(L700S)]

交換したオーディオに装備されている、リアの出力がちょっと勿体ないね。

0DSCN1646.JPG


フロントスピーカーに比べ、広大なエンクロージャー空間?が有り、設置が簡単そうなリアトレイも備わっている。
これはもう、4スピーカー化するしかないな。

1.5img030.jpg


当たり前のスピーカーにしてもつまらないから、面白グッズ満載の中華産巡りを始める。
レギュラーサイズの16cmだったら、使い道は他にも有るだろうで激安品にしてみた。

PLANTER=農園主?500wMAX?楽しそうだ ^^;

2DSCN1650.JPG


まずは屋外作業の必需品、扇風機の準備からである。
これ、どんな防虫スプレーより効果絶大で、憎き「蚊」対策には一番だ。
飛んでくる蚊を観察していると、強風バリアに入って来た途端に吹き飛ばされている。
ざまーみろ!

3DSCN1648.JPG


内張内までリアスピーカー用配線が来ているらしい。ネットの情報には毎度感謝だな。

4DSCN1652.JPG


内張の前端一部がリアシートと共締めされているが、シートまで外すのは面倒だ。

5DSCN1661.JPG


この個所はそのままでも、ゴムバンドで引っ張っておけば十分に作業空間が保てる。

DSCN1657.JPG


リアスピーカー用のカプラーはすぐに見つかるが、オーディオ裏側に使われているのと同じだね。
でも、こんなののオスタイプは持ってないぞ。

DSCN1663.JPG


スピーカー線との接続は何を使ってもも良いのだが、一応”らしい”RCAジャックにしてみた。
何時もの秋月電子から、こんなのを買ってきた。

DSCN1665.JPG


ガラクタ箱から見つけてきた平型端子付き配線は、オーディオ用によくある幅違いになっている。
片側が狭幅だったら同じにしても全く問題なし、簡単に細工すれば車体側カプラーに差し込める。

DSCN1668.JPG


接続端子にしたRCAジャックを取り付けて、先ほど準備した配線を半田付けした。
細工した反対側の端子をカプラーに差し込み、各部を保護処理して内側の作業は終了だ。

DSCN1669.JPG


内張を戻すとこんな感じ、これでRCA規格品なら何でも挿せる。

DSCN1672.JPG


確認のためバラック状態でスピーカーを繋いでみた。
ちゃんと音が出るじゃないか!とりあえず中華品に安堵するひと時 ^^;

DSCN1676.JPG


リアトレイの穴あけ作業に移ろう。
簡単綺麗に行いたいから手持ちのトリマーを使うことにし、付属のジグ金具に中心穴を開けてビス止めした。

DSCN1678.JPG


あっさりと済んだが、最初の穴はザックリ切り込みすぎた。
いきなり貫通させると表側に貼られた、表面クロスが刃に巻き付いてしまう。

DSCN1681.JPG


それで表面クロスが場所によって撚れてしまい、皺になった所がチョッと見苦しい・・・

DSCN1685.JPG


だけど農園主エンブレムが輝くカバーは気が引ける、ただでさえ鮮やか過ぎのブルーコーンだし。
で色々探していたら出てきたALPINE、これがピッタリと合うのだ。
と言うか、昔の日本製をコピーしているからなのかな。

このカバーはその昔、サバンナRX-7(SA22C)に付けていた。値引き一切なしの高級路線で売り出した、ALPINEのフルセットの名残だ。
我ながら良くとっておいたと感心する程だが、こうして約40年ぶりに再び日の目を見ようとは、カバー君も光栄だろう。

えっ?こんな使われ方はカンベン?   だよね。

DSCN1709.JPG


流石に500wMAXの豪傑は、入力が小さいとお気に召さないらしい。
「もっとドカンと鳴らせや」と構えているが、シャカシャカ音をまき散らす歳ではないもの。

フェダーコントロールをかなりリアスピーカー寄りにし、音量バランスを調整した。
中高域のフロントと比較すれば、中々の低音を発生してくれる中華農園主だ。
腹に響くような低音を得るには、やっぱりある程度の空間が必要だね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0