So-net無料ブログ作成
検索選択

プラグの焼け具合 [ST250E(NJ4AA)]

何度もキャブ調整、やっぱりアナログは楽しいな。
デジタル=絶対値・それ以外は無い、アナログ=相対値・大体こんなモン。
自分なりに都合の良い解釈で生きているけど、だから”勘”が好きないい加減者かも。

DSCN0281.JPG


先日作った『寸詰り君』を、大き目なマイナスドライバーで下支えしてあげる。
そうすると、熱いシリンダーフィンに触れること無く、パイロットエアスクリューを回せるから楽だ。
暖機する前にスクリューの向きを、鏡で確かめておいた方がスムーズだね。

私のSTは全閉から2回転半戻し程度で、アイドリングのピークみたいな感じだ。
それ以上戻しても明確な変化は表れにくいけど、大体2+3/4回転戻しにセットしておいた。
ノーマルのパイロットジェット#25だと、これくらいかな。
これ以上はジェットを換えるしか無いと思う。

で、とりあえず焼け具合の確かめも兼ねて、往復160km程度の筑波山まで行ってきた。

tukuba.jpg


2DSCN0317.jpg


抜けるような青空、風薫る五月に橋渡しの日だ。
軽快なエキゾーストノートが、爽快感をより高めてくれる。

連休初期の常磐道下りは、千代田石岡IC先20km渋滞の表示だった。

2DSCN0878.jpg


PICT0018.JPG


帰宅後エンジンが冷えるのを見計らい、早速プラグの焼け具合確認。
相変わらずCDI点火らしい、セラミックの白っぽさ。
だけど電極周を含めた金属部は、しっとりとした感じになったと思う。

大体こんなモンで、良いんじゃないかな・・・


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0