So-net無料ブログ作成

テールランプ交換 [ST250E(NJ4AA)]

以前よりSTのテールランプは、何時もあるバイクを連想させていた。

kr25006.jpg


カワサキ・不遇のレーサーレプリカKR250を。
それは別としても、女子受けする?まん丸で大きなテールレンズには、やや違和感を感じていた。

img_0.jpg


STやSRの定番と言えば、やはりこのルーカステールだね。
角型が良いのだけれど、これはメジャー過ぎる気がしていたし、汎用品に軽い抵抗感も確かにあった。
やっぱり完成車として送り出したメーカーのパーツには、そのプライドや責任感から、相応しいクオリティ品が装着される。それでオークションを中心に探し始めたが、スズキに限らずTR・SR・・・やっぱりちょっと大きいかな。

捜索範囲を広げたら、ピンとくるのを見つけた。

RA02J-002009 (2).JPG


へぇ~最後のフルサイズ原付なんだね、それはともかくRZ50だ。

rz50.jpg


一応パーツの供給状況を調べてみたが、assyでもまだ在庫が有るらしい。と言うことは、半消耗品であるレンズは、心配しないで大丈夫そう。
しかしヤマハは良いな、かなり以前からネットでパーツ検索できるから。
以前セローに乗っていた頃、何度もお世話になったのを思い出した。

DSCN1213.JPG


中々程度の良いものが落札できた。STANLEY、JAPANも誇らしげに見える。

DSCN1221.JPG


早速内部を確認してみたが、やっぱり安心感が有るなぁ。
単なるビスを見ても、最良の耐食性皮膜と言われる、緑色クロメートが当然のように施されているし。
見た目は地味でも、国産の車やバイクには多用されるメッキだ。

DSCN1223.JPG


STのランプステーを出来るだけ加工し、限りなく純正に近づけたい。ノーマルの中心穴径は33mmだから、これをΦ40mmまでエアリューターで拡大した。
中心ラインからずれたRZ品に合わせ、取り付けの穴もオフセットさせるのだ。

DSCN1224.JPG


クッションゴムは、水栓パッキンを使うことにした。

DSCN1226.JPG


手持ちの保管箱(だからガラクタ入れでしょ)から、都合の良いのが発掘出来なかった。ノーマルとダイレクト半田付け接続だ。
自然な接続となるよう、フェンダー内での継ぎとした。

DSCN1255.JPG


ノーマルっぽく出来たかな。

DSCN1232.JPG


全然違和感が無いように見えるけど・・・
暗くなってから、ナンバープレートに対する配光も確認した。
うん、STANLEYだ。

DSCN1238.JPG


もう死語になった感があるが、悪い意味でないバックシャンに思える。

やっぱりね。
自分のバイクには、贔屓目になるんだ。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0