So-net無料ブログ作成

STを吊る [ST250E(NJ4AA)]

サイドスタンドのみだと、色々と作業に制約が有るな。
一般的なメンテスタンドは応用が利き難し、かと言ってモンキーの様にリジットラックにヒョイ乗せは無理だ。
フレームの最後端を持てば、何とか上がるSTだけど・・・

DSCN0947.JPG


モンキーのメンテ用に買った荷掛フック、やっぱり同じM10x1.25だから付いてしまう。

DSCN0915.JPG


DSCN0918.JPG


W3のフロントを持ち上げる時にセットしておいた、500kg吊りのレバーブロックが付けっぱなし。
で、STを吊った。

DSCN0921.JPG


吊っただけでは落ち着かないが、リジットラックに乗せれば安定する。
上からの吊りも軽くテンションを掛けておけば、特別なことが無い限りまず大丈夫だ。

DSCN0931_2.jpg


それで早速マフラーを外して、見える範囲の内部を確認してみた。
30°~160°位にかけて、やや排気漏れが有るのか・・・音は感じないけど。
だけど白っぽくて結構綺麗なEXポート、走行距離の割にはカーボンも少なく思う。

DSCN0968.JPG


マフラー後端は耐熱塗装をしておいた。

DSCN0950.JPG


こうなるとオイルの排出なんて楽だ。
別に暖機なんかしなくても、このまま放っておけば抜けるから。

DSCN0955.JPG


キャリパーを外してピストンを抜こうとしたが、コンプレッサーのレギュレーターをMax8kg/㎠にして吹いても、微動だにしない素晴らしき固着 ^^;

DSCN0959.JPG


最後の手段?ハイドロプレッシャーだ!
”ただ”戻すだけ・・・その”ただ”がね・・・

DSCN0965.JPG


一応綺麗にしてみたけど、錆びと言うより浸食されている。
これは諦めだな~
ピストンセットを、またウエビックにオーダーだ。

DSCN0977.JPG


気を取り直してマスターシリンダーの消耗品交換をしよう。
ここのピストン/カップセットは用意しておいたから、伝統ある自作SST(Special Service Tool)の登場だ!
古いラジオペンチを削っただけだが・・・今は100均で買えるから気楽だね。
でもこれ、結構苦労して作った記憶がある。

DSCN0979.JPG


この作業でネックになるのは、奥まった所にあるスナップリング外しだけ。
復帰時のSST(だから大げさだって)登場は、最初のちょっと入れで終了。
後はソケットのコマで押し込むとパチン!呆気なく終わってしまう。

DSCN0966.JPG


「あー、部品待ちか」呟きながら、またカーゴルームをおもちゃ箱にし始める。
そして「ちょっと辛抱してくれ」、そう頼んでおいた。

STも暫く吊りっぱなしになるが、W3の数ヶ月待ちとは比較にならない短期間だ。
でも毎回、自由を失った様なバイクの姿に、少し後ろ髪を引かれる・・・



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0