So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱり好き [ST250E(NJ4AA)]

なんだなーと思う、しみじみと。

ちょっと試乗してみてタペット音が気になると、もう弄りたくって仕方がなくなる。
それが何だか嬉しい変な性分だけど・・・

DSCN0874.JPG


OHCなら大体タペットクリアランスは、吸気側が0.05mmで排気側はその倍くらいだ。
一応STの値をネットで検索すると、関連も含めたくさん出てくるが、
IN:0.03~0.08mm
EX:0.08~0.13mm
であった。良い時代になったもんだ、サービスマニュアルなんて必要ないな。

DSCN0877.JPG


クランクを回すには22mmのソケットでないと無理だ。

DSCN0878.JPG


プラグを外してとりあえず圧縮がかからないようにしておくが、CDIらしい綺麗な焼け方をしている。
電極のエッジも良い感じ、まだまだイケそうだな・これは。
Tマーク(上死点)が出たら、不意にゴミが入らない様に軽くプラグを捻じ込んでおく。

DSCN0880.JPG


排気側はほぼ標準値だったけど、0.1mmにリセットしておいた。
しかし吸気側は0.05mmのシックネスゲージがスコスコ・これだ!
変人が嬉しい瞬間 ^^;

吸気側は邪魔になる2次エアバルブassyも外しておいく。
そしてゲージの滑り抵抗感を確認している時・・・千切れた。
えっ?あ!!!
考えてみればこのシックネスゲージ、30年以上も働いてくれた老兵だ。
だけど「去りゆくのみ」じゃないのね・・・

DSCN0882.JPG


へー、シックネスゲージの破断って、ギャグ漫画みたいギザギザなんだね~
感心している場合でない、残骸が落っこちでもしたら、それこそギャグで済まない。
慎重にラジペンで回収しておいた。長年にわたりご苦労様。

エンジンの異音解消は始動して直ぐに分かった。
”ガチャガチャ”から心地良い”カタカタ”音に復活し、走り出すとトルクも増してる。

DSCN0892.JPG


クラッチケーブル根本のアジャストナット、ぱっと見でこれ違うでしょ。

DSCN0899.JPG


ケーブル自体の真っ赤も気に入らないし、保護チューブ部に擦り切れも発見した。

DSCN0900.JPG


それで全体を熱収縮チューブでカバーした。
これは発注値段調整用で買っておいたモノだが、ウエビックやモノタロウは3,000円以上で送料無料だ。
送料で消耗品が買えてしまうのだから、パーツクリーナー・オイル処理箱・5-56モドキ、辻褄合わせ君達は一覧にしてある。

ワイヤー自体はしっかりしているので、くたびれて色褪せた見た目の対策にも有効だ。

DSCN0902.JPG


ヘルメットロックは使い易そうな社外品にした。
汎用?要加工?良いじゃないか。
やっぱりポン付けが出来ないのは期待通りだ ^^;

DSCN0907.JPG


変形していたベースを修正し、ちょっと加工しておいた。
ロックを仮に取り付けてみるが、殆ど違和感なく収まったから、これで良しとしよう。

塗装の乾燥を待つ間にも、次のターゲットを探している。
それもまた、好きなんだなぁ~



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る