So-net無料ブログ作成

汎用品探しも楽しい [650-RS(W3)]

w3のパーツ探しは楽しい。
純正品の通常流通はあまり期待できないし、オークション頼りでは昨今どう見ても高すぎだ。旧車ショップや「知る人ぞ知る」等の限定品も、価格や再現性に納得出来なかった。純正には特に拘らないので適正なリプロ品は大歓迎だが、場合によっては仕方なく純正品の時もあるが・・・
ではどうするか?労力を惜しまず探すしかない。(←いや、これが実に楽しい)
探すと言っても本当に便利で強力なネットがあるし、ちょっと視点を変えればバイクも所詮機械部品の集合体だ。また色々と調べて、他車品を上手く流用できれば、驚くほど安価で早く解決する場合もある。
要するにw3用に拘らない。
JIS規格の安くて安心できるメイドインジャパンが、大量に出回っているのだから活用しない手は無い。
モノタロウなんかは本当に助かる。

P1020219 (1280x960).jpg


調子の良いエンジンと綺麗なタンクに一発でKOされこのw3を即決したが、しばらく乗るとフロント周りの違和感がついて回った。
以前も書いたがまずブレーキの”鳴き”、これはディスクの研磨依頼とセットアップで解決した。まあ、聴き(騒音?)については万歳!効きについては・・・こんな感じだったよな昔のは。
そして直進性とゴリゴリのステム、これはステムブリッジ・トップ・ベアリングを程度の良い中古品に変えたらかなり良くなった。
でもまだ直進性が納得できなかった。以前書いたインナーチューブの錆び問題も全快していないし、ステム関係をやっていた時にインナーの曲りを発見したし。

これはもうインナーチューブの交換しかない。

しかしw3用のインナーチューブはリプロ品も無く、曲りのプレス修正や錆び箇所の補修・再メッキもいまいちだな・・・再現性の事もあるし(コケたり錆びさせたりするつもりか!)
で、探した。
結局山ほどあるZ2用(25mm長い)のリプロ品を、ボトム側だけ旋盤加工で長さをw3に合わせてもらった。リプロ品ベースとはいえピカピカで真っ直ぐなのは気持ちいいし、どこかのショップでw3用を調達するより、はるかに安く早く解決できた。そして、やっぱりダストシールよりジャバラが似合うwなので、しこたまグリスを盛っておいた。

うーん、真っ直ぐ走るのは良い^^

P1020222 (1280x960).jpg


エンジンオイル交換(排出)時にどうしても邪魔になるし、ピン及びストッパー(Eリング)が突然さよならするかもしれなし・・・潤滑?ああ、適当に油さし(死語?)でミシン油(これも死語?)でも垂らしておいて、なバイクである。
このリンク機構、wの無骨で素敵な男気を垣間見せる箇所の一つだ。
ごめんw3、軟派な無給油ロッドエンドに変えちゃうけど・・・
ちなみにこれはJIS規格品、SUSキャップボルトと緩み止めナットは近所のホムセン。1英世さん+αの出費だ。

P1020224 (1280x960).jpg


P1020227 (1280x960).jpg



バンジョーボルトはブレンボ用でM10xP1.0だ。長さは探していた首下19mm、ヘキサゴンレンチが使えるSUS製が嬉しい。
ワッシャーはSUSにNBRゴムコーティングで、厚さは1.2mmだからほぼ完ぺき。これらも思いっきりお手頃。
本当に軽く締めるだけで、ピタッと漏れが止まる。

P1020232 (1280x960).jpg


ヤフオクで仕入れたソーラーパネルをつないである。これで何時でも満充電状態だが、中華製パネルがいつまで持つか。逆流防止ダイオードとヒューズを入れてあるから、何処かのスマホみたいに火は噴かないと思うが・・・

P1020234 (1280x960).jpg


フロートチャンバーからも良く漏れた。パッキンがバキバキだったから、これもJIS規格品のOリングに替えて解決。
ちなみに規格品のOリングには固定用のS型やG型が有るが、長さや太さが合えばあまり気にしなくて良い。材質は一般的なNBR(ニトリルゴム)でOK。
この業界トップクラスのNOK製が、缶コーヒー一本分で買える。

P1020231 (1280x960).jpg


点火系をとうとうセミトラにしてしまった。
ポイント式点火のあの時々怠けるスパークが、これも男気満点のwらしいアイドリングで素敵だった。しかし右折時の交差点内で突如やってくると、気の短い後続車がホーンの嵐。あわわ・・・^^;
気の弱い私の選択はセミトラだ・・・
それは冗談として、とにかく始動直後の低回転でも、安定して点火しているのが分かる。もともと良かった始動性が、さらによくなった感じもするし。
そういえば昔サバンナRX-3に乗っていた時、2ポイント用のセミトラユニットを付けていたが、こんな感じだったのを思い出した。



これはセミトラ装着前の始動状況。勿論、暖機運転後のキックだけど、朝一の始動でも2・3回で目覚める。
近況はもうちょっと違った撮り方をしてみようかな。

P1020235 (1280x960).jpg


P1020236 (1280x960).jpg


メインスタンドがどーも変形している。
ヤフオクで中古同品を仕入れ、バーナーで軽く修正してみた。うーん、こんな感じかな。

P1020239 (1280x960).jpg


あとはすり減ったフート部の鉄板を替えたり、色々と補強リブを溶接してみようと思っている。
この溶接機、実は以前に嫁のパジェロミニの、脱落した^^;マフラーを直したときに使ったものだ。誰がどう見ても中華製だが、ヤフオクの超破格値で入手したわりに、思ったほど使える。
もとはと言えば、マフラー修理をディーラーで聞いてきた嫁が、「〇〇万円かかるって!」と血相を変えたから。
”そりゃ新品に交換だったら、ディーラーは言うわ”とブツブツ内心の私。責任者(渓流釣りで大声では言えない山の中を走った)としては、直しちゃる!で仕入れたこれ。もう元は十分とったが、いやいやまだ元気に動く。

最後はあまり関係ない?が、今回は私の忘備録みたいになってしまった。

最近物忘れが激しくて、無意識にそうなってしまうのか・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0