So-net無料ブログ作成
検索選択

中国製船外機Part2 その2 [ボート釣り・船外機]

だいぶ期間が空いてしまったが、やっと"その2"である。
まずは慣らし運転の状況を。



約3タンク、大体2時間弱やってみた。
過去に中華発電機の一発目慣らし運転後、
「♪オイル何だかキラキラ、金属粉がキラキラ」by松本伊代
古い・・・

えーそんな唖然とするほど素敵な体験をしたので、そのトラウマから逃れられない自分であった。3タンクもよくやったと自分を褒めたくらいである。

では早速楽しい分解だ!

P1020040 (1280x960).jpg


一応合わせマークをしておいたが、この時点でなかなか良い造りを感じさせる。

P1020048 (1280x960).jpg


P1020051 (1280x960).jpg


P1020057 (1280x960).jpg


どうだろうこのエアクリーナーの造り、ヘッドからのブローバイ回収口も見える。
細かい所だがプラ部品には潰れ止めの、カラーを圧入するあたり「なかなかやるな」と思わせる。
が、そこはチャイニーズの組立・品質管理、ボルトが無理やり斜めに入っていた。

P1020072 (1280x960).jpg


早速M5のタップでさらうが、このサイズのスパイラルタップは持ち合わせがなく、仕方なく上げタップで済ませた。アルミの止めタップはそこそこ気を使う。

P1020073 (1280x960).jpg


P1020080 (1280x960).jpg


排気関係の熱対策と言い、クランクケースからもブローバイを回収していたりで、国産なら当然のことだ。しかしなんといっても中華製、短期間でここまでの品質になるとは驚いた。
これでその素材を生かした管理が出来るようになったら、たぶん日本にとってもっと脅威的存在になるかもしれない。

P1020084 (1280x960).jpg


しかしここまでだ。左のエンジン側遠心クラッチシュー部(ボルトは高強度表示までしてある・・・)はかなりしっかりした造りだが、右の受け側(駆動系)の雑さが何だかホット?させてくれる。せっかく切削加工してあるようだが、面がでていなくクラッチの当たりが非常に悪い。
後で分かったことだが、エンジンは刈払機UMK435等に使われているホンダの汎用エンジン、GX35Tのフルコピーであるようだ。工作精度等はどの程度コピー出来ているか分からないが、少なくとも一通りの見た感じは実に良く出来ている。
しかし豊富なホンダのパーツが使えるのは、非常に助かると言うか有りがたいほどだ。
世界のホンダをお手本にするとは、中華もなかなかいい選択をしたもんだ。

それに比べると駆動系のプアさが際立つが、いったい何のコピーなのだろう。

P1020106 (1280x960).jpg


前回も書いたがドレン孔自体が、取説で書いておきながら無いのだ。むむむ・・・流石だ、やっぱりやるときはやる中華だなぁ。
オイル注入プラグには、ちゃんとパッキンまで付けているのに。

写真を撮り忘れてしまったが、ギアオイルは殆ど汚れていなかったし、恐れていたエンジンオイルも驚くほどきれいだった。金属粉キラキラはほぼ皆無で、ある程度工作精度の良さが窺える。
これではエンジンを徹底的にばらしての、バリ取りなんかは必要ないかなと思わせる感じだ。

P1020113 (1280x960).jpg


それでバラシは適当なところで終了し、各部のグリスアップをしながら組み上げをした。
しかし何だか拍子抜けしたのも事実だ。もっと中華ならではのギャグ?を期待していたのだが、あまりにも普通に出来ていて(エンジン部は特に)、やる事が無いじゃないか!(←それが当たり前)



やっぱり空冷エンジンは良い、今度は水槽に漬けずに試運転だ。
ギアボックスもこんな’空冷'状態だが、この程度では殆ど熱くならないし音も静かになった。手で回してみてもかなり抵抗がなくなったから、実際の水中使用は問題ないだろう。
だけどアンバランス(手抜き?)な箇所も見受けられるが、総評としてこの価格では素晴らしいと思う。

だけど・・・私の新たなおもちゃと期待していたのに・・・

ああ、何だかつまらないなぁ・・・
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

gure40

中華船外機サイコウですね!!
主さんの趣向がヒジョーにファンキーで読んでいてしびれます

下半分ですが今後部品取り替え?加工?など
起こりそうな気がして
続きを楽しみにしています!

by gure40 (2016-10-21 18:03) 

Nsink

gure40さん、はじめまして。

今回のはかなりまともで拍子抜けしましたが、そこは中華!まだ楽しめる部分が残っています。国産のじゃ立派(普通)すぎて、弄る面白さが無くなりました。
おっしゃる通り下半身?部分で遊べそうなので、また何かやると思います。

by Nsink (2016-10-23 22:08) 

ヨシ

こんにちは

私は、2馬力の2サイクルの草刈船外機を選びました。
もっともメインエンジンはマーキュリー2馬力でして、前回、洋上でエンストしてしまい、小さくて軽い予備エンジンを買おうと狙って、ヤフオクでひろったものです。

まさに、記事にもあるようにドレンネジが取り説にはあるのに、実際にはついていないという、なんとも中華らしい作りで大笑いしました。
で、一応、ヤマハのオイルを入れてみたんですが、どうも中にはグリスが入っているようで、ほとんど入りませんでしたよ。

ドレンネジのつくであろう場所は平になっているので、、ボール盤で穴をあけてタップでも切ろうかと思っていますが、あくまでも予備エンジンなので、実際に使うことがあるかどうか?って思っています。
まだエンジンもかけていないですしwかかるのかなぁ~って半信半疑ですけどね。

こちらの記事を読んで、やっぱりドレンネジ切っていないんだって、なんか変に安心しましたw

by ヨシ (2016-11-25 15:45) 

Nsink

ヨシさん、こんばんは。

やはりドレンないですか。
無ければ無いで取説に書かなければ良いのに、最初は不良品かな?とか不安になりますよね。
でもそこが中華の中華たる所以かもしれないので、楽しませてくれてありがとう!を毎回期待しています。
じゃなければ国産買いますよね^^;

おっしゃる通りちゃんとドレン用の場所も有るので、タップを切るのも簡単そうですね。
まあ、逆さまにすればオイルが抜けますので、私は今のところ様子見です。
ちなみに入っていたギアオイルは何だかよく分からない白っぽいものでしたが、とりあえずエンジンオイルにモリブデングリスをブレンドしたのに入れ替えておきました。

とっても期待していますので、2ストエンジンがかかったら教えて下さいね。
by Nsink (2016-11-26 18:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0