So-net無料ブログ作成

あけてびっくり [バイク・クルマ]

主要な部分をほぼ分解し終わった。

これでテーマを決め、それぞれのブロックに対し本格的なレストアに移れる。例えば、フロントホイールをやろうと思ったら、ブレーキディスクを外しベアリング部を分解、その上でキャストホイールの錆落しなんかが出来るわけだ。

しかしその前に、分解しながら気が付いた要交換パーツをオーダーしておかなくてはならないのだが・・・正直予想以上に酷い箇所があった。まずはエンジン。シリンダーとヘッドの間、及びヘッドとカムカバーの間、それぞれからオイルの滲みが見られた。これはパッキンの交換が必要だ。しかし、どうせバラすなら、燃焼室の清掃やバルブの当たり具合なんかも見ておきたい。

次にフロントブレーキ。これは内部の深いところまで腐食が進んでいて、ブレーキピストンまで交換が必要な状態だ。使えるのはケース類くらいで、出来ればホースも全部取り替えたい。

更にここまでとは思わなかったのがステムベアリングだった。

これは一番目画像の赤丸部分を真上から見た、フレーム側に圧入されたボールレースの状態だが、はっきりとした打痕が幾つも見られる。しかも何故かアッパー側のみの現象だった。もうこれでは交換しなければならないのは確かだが、どうもこの単なるスラストベアリングに信頼が置けない。出来ればテーパーローラーベアリングにしたいし、かねてよりバイク用として専用品が市販されているのは知っていた。

ここでちょっとベアリングについて。

バイクはもとより車や電化製品等、あらゆる工業製品の回転・直線運動に幅広く用いられているパーツがベアリングだ。詳しくはリンクを参照にして欲しいが、普段はまずお目にかかれない機構内部で、非常に重要な働きをしている。一番ポピュラーなのは良く聞くボールベアリング(深溝玉軸受)だろう。この種類一つをとっても、発電所のタービンシャフトに用いられるどデカイのから、CDを回すスピンドルに組み込まれている極小のまで、実に様々な大きさやパターンがある。とにかく日本の工業、特に自動車産業がここまで隆盛を極めた原点は、優秀で安価なベアリングを自国で造れるようになった事にある、と言っても良いくらいだ。

目立たないけどすっごく重要なパーツなんだ、ベアリングって。

しかしな~有るといってもバイクの専用品って高いのね、やっぱし。この調子で行くと、完成までにどれだけのコストと時間がかかるんだろう・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 2

ヤエガシ

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

バイク&くるま、私にはわからない世界です。(汗、、)

リールを分解?するのが精一杯のヤエガシでした。(笑)
by ヤエガシ (2007-01-02 12:18) 

Nsink

ヤエガシさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

>バイク&くるま、

実は釣りと同じほど、私にとっては好きな分野です。
子供の頃からを回想すると・・・
ある程度の期間づつ、繰り返しどちらかにはまってます。

それはそうと、今年こそはそちら方面にお邪魔したいですね。
このバイクで行けたら良いな~
by Nsink (2007-01-10 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0