So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヒカリモノ [FZX750(3XF)]

リアホイールと同じく、#400程度にしておくつもりだったけど。

P1020604.JPG


ホイール製造時の機械切削跡が深く、根張りした様なカビ状の錆が食い込んでいる。
黄ばんだクリア膜の剥離後はひたすら水研ぎ、今回はちょっと欲が出て#800くらいのペーパーがけまでやってみた。が、どうも華が無い。
我慢できなくなってきた。

「早いけど、赤棒やってみようかな・・・」
とりあえずでもヒカるとみょーな達成感、結局ホイール全体をバフってしまった。
他も大変になるのに・・・

P1020620.JPG


ついでにキャリパーもかな、だったら分割してシールの溝も清掃しよう。
全バラ、塗装、フルコースになってしまった。

ホイールだけ光ってたらね、バランスがね。

5P1020614.jpg


フォークシールは大丈夫そう。じゃあ、ドレンからちょっとオイルを抜いてみて、状況を確かめてみようかな~が出来ない。        何で?

仕様がないからフォークキャップを外したが、非常にきれいなオイルが適量だった。
余計だったかも、ライムグリーン缶が余っていたから良いか。
オイル量は307ml こんなモンかな程度で終了。
レベルは174mm 測らない、十分でしょ。

その後本命の研磨作業だ。

1P1020657.jpg


フォークはホイールより光らせたいけど、下地の水研ぎは大変だ・・・楽したい。
それで色々試してみて、自分なりのお気楽研磨レシピが出来た。

条件は

クリア膜剥がしから、ぱっと見鏡面まで、ディスクグラインダーだけ。
ネットでもホムセンでも入手し易い。
鏡面は最終青棒仕上げだが、赤棒まで行けば後の白→青は楽だから、とりあえず赤でOKとする。

結果は赤棒までがこれだ。

1無題.jpg


まずコイツで黄ばんだクリア膜を剥がし、鋳肌除去まで一気にやる。
非常にしなやかなのである程度狭所まで行けるし、研磨力がある割に面が思った程荒れない。
力の入れ具合にもよるが、大体#200くらいで仕上がるかな。

2無題.jpg


その後はコイツで研磨するけど、#600程度まで行っている感じだ。

そしていきなりフェルトバフに赤棒塗布で、力を入れて研磨すればピカッとなる。
これを発見(んなオーバーな)した時は、チョッと感激してしまった。

P1020641.JPG


勿論、各工程間や狭所にもっと手間をかけるべきだろうけど・・・

左フォークを仮組し、ホイールを置いてみた。とりあえず自分的にはこんな所かな。
今回は赤棒までで様子を見て、全部を組み戻してからまた考えよう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

余計な物を・・・ [FZX750(3XF)]

鋼製束、と言う物らしい。

P1020596.JPG


アパレルや食品関係は、仕方なく・付き合い・嫌々・荷物持ち?で行くのだが、ホームセンターは違う。
特に用事が無くても(それがイケナイ)、何とな~く足が向いてしまう。
住設関係で見つけたターンバックルを立てたような金物、本来は住宅の床組材を支える用途らしいが、パンタグラフジャッキの代用になりそう、で買ってきた。ワンコインで余裕だし。

V字ブロック状にカットした木片を取り付けてみたが、簡単にフロントが浮く様になった。

P1020598.JPG


フロントの空圧チェックでも清掃でも、気軽に片手でクルクル回すだけ、こりゃ良いや。
じゃあ、ちょっとホイールでも磨いてみようかな。

だけど

結局ホイールを外したし、キャリパーも、フォークも、それで現在はフロント周りバラバラだ。
余計な物を作ったから、しばらくFZXに乗れなくなった。結構かかるだろうなぁ・・・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

職人も絶滅 [FZX750(3XF)]

心地良いメカノイズを奏でるけど、これ、4個のピストンと20個のバルブが上下しているんだよね。
大雑把に言えばキャブのジェットが違うだけで、100馬力を発していたとは思えない程、ウルトラスムーズ回るエンジンだ。

1DSCN2365.jpg


当時のパワー追及がこの面倒臭いエンジンに行きついたけど、同等のそれを得るためには今や不要のメカシステムだ。
燃焼解析が進み色んなデバイスが出現し、2・3気筒の4バルブでも十分なんだね、コストの嵩む4気筒5バルブは要らない。
とっくの昔に機械としては完成の域にあったけど、動力としてはまだまだ熟成が必要なんだろう。

EV化も視野に有るだろうし。

小型外燃機関をほぼ絶滅させた内燃機関だけど、新技術はその外燃機関を復活させるのか、なんて思った。
だってEVも考えてみれば外燃機関じゃないかな、燃焼でエネルギーを発するのは別の箇所だもの。
発電所の変換効率や排気の問題は、車やバイクのエンジンを遥かに凌いでいるから、後は送・蓄電の技術革新が進めばね。

そのうちEVバイクに”レトロサウンドシステム”スイッチが備わり、「昨日は単気筒だったけど、今日はマルチサウンドにするか」なんて日がくるのかも。

そうなると、旧車會の”コール職人”も絶滅かな。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

もう大~変 [FZX750(3XF)]

FZXのインジケーターランプ類はとっても見難い。
良く教習車が務まったな・・・でっかい別ランプが付いていれば問題無いか。

1P1020551.jpg


スタイル優先なのは分かるよ、水温計やインジケーターランプをずらりと並べるのは。
確かに街中の走行時視線は、前方:8、スピードメーター:1.3、タコメーター:0.5、こんな配分かな、残り0.2がニュートラルランプ(細かいね)。
でもね、その0.2の為にどんだけ視線を移動させなきゃなの、おまけにタンクバックなんか付けたらもう・・・カンに頼れって事だね。

P1020546.JPG


背に腹は代えられない、出来るだけ小さなランプを付けよう。
色々と条件を考えるとLEDしかないが、完全防水の汎用品はちょっと大きい。

大きさ優先で取付ネジM6タイプとし、あとは自分で対処することにした。
使うのはオマケにターンを加えても2個だが、求めていたサイズは5個セットだから仕方ないな。

DSCN2313.JPG


DSCN2317.JPG


2mmのアルミ板からブラケットを切り出し、バフ仕上げしてみた。
出来てしまえばゴミみたいな物だけど、細かいのは非常に手間がかかる。

2P1020556.jpg


細い配線の処理ばかりで面倒臭いし、おまけにFZXの角型ライトハウジングは余裕が無い。
この頃のバイクはカプラーとギボシ接続が混在、そこへ更に配線を詰め込むのは悩みの種だ。ノーマル状態へ直ぐ戻せる様に、新設は割り込ませるだけにしたいから。
狭所故気軽にギボシは使えないが、全てを一本化と言う訳にもいかない。何かあった時のために程良いバラし箇所を設けたい。

う~ん。

オーディオの同軸シールド線と各サイズ熱収縮チューブを組み合わせ、どうにか形にしてみたけれどあまりやりたくない作業の連続だ。
極細線の半田付けを繰り返していると、時々ぶん投げたくなる ^^;

P1020557.JPG


P1020561.JPG


出来た。
今回もまた地味だ、でもここまで漕ぎ着けるのに比べようも無い時間がかかっている。

意味も無くニュートラルやターンランプを点灯させ、一人悦に入るだけの為。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

晩秋の点検 [FZX750(3XF)]

特に問題は無いが、冷却系統も一応見ておきたい。

DSCN2261.JPG


冷却系の一番低い所、フレームのダウンチューブに有るドレンを外す。
心配していた錆等は全く無く、綺麗な赤い冷却水が出てきた。
チョッと色が気に入らなかったので、新しいグリーンのLLCに交換するが。

DSCN2271.JPG


この際だからサーモスタットも点検だ。見た目は悪くないし、指での作動は問題ない。

img058.jpg


サービスマニュアルに有る理科の実験みたいなイラストが楽しい。
今は使われなくなった、アルコールランプ・石綿張り金網、ああ思い出せば懐かしい。

話はチョッと違うけどフナの解剖なんてのも無いんだろうね、ジャポニカ学習帳から昆虫の表紙が消えたくらいだし。

もとい。じゃあ、サーモスタットの温度開閉具合も確認しようかな。
ちなみにどれも持っていないから、カセットコンロに何時もの鍋を用意だ。
温度計?勿論カン。

DSCN2280.JPG


サーモスタットの表面に泡が出てきた。推定60℃  かな。

DSCN2291.JPG


泡がさらに多くなり、サーモが開き始める。推定80℃  だろう。

DSCN2300.JPG


たぶん全開。推定・・・もう良い。

これ以上はグツグツ煮えてきて、写真を撮る所じゃ無かった。

DSCN2304.JPG


えー、煮過ぎたのを待って、直定規で計測。

              自分的標準値以内→再使用



こう言った作業に良い季節の到来だ。ついやってみたくなる。

だけど地味に楽しいのは何故だろう・・・

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

剥離剤 [FZX750(3XF)]

出来るだけ厄介な剥離剤は使いたくない、ディスクグラインダーの力技が結局楽だ。
勿論ディスクが入ればの話だけれども。

DSCN2247.JPG


お気楽な力技がほぼ使えない形状、その上ハナから戦意を消沈させる悲惨なトップブリッジ。
この部分は乗車中、一番視界に入る箇所の割に手入れがし難い。

だけど綺麗にしたところで、自己満足度が高い場所の一つだよね~
なんて言い訳したくなる程気が滅入って来た。

DSCN2245.JPG


それで今回は剥離剤を頼ってみる事にしたが、ホムセンで普通に有るのは最初から眼中に無い。
旧くなり錆と硬化がごちゃ混ぜの箇所には、何度も塗り直さなければダメだし、結局高くついていたから。
色々と検索しこれは強力!ってらしい、業務用のナトコ「スケルトン M-201」にしてみた。

とりあえずハンドルホルダーで試してみたけど、普通の箇所には塗ってると即この状態だもの。
いや、流石業務用
注意書きの『液が身体に付くと危険です。取り扱い時には必ず保護メガネ・保護手袋を着用し直接皮膚に付着しない様に作業してください』
はマジだね、身をもって体験したから・・・痛い。

DSCN2257.JPG


もっと素直な形にしてよ・もうお腹いっぱい、ここまでで良いや。
剥離はお陰でかなり楽させてもらったけどね。#120から水研ぎはね。

十分綺麗になったじゃないか!でもやっぱり、所詮自己満足なんだ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

プラグレンチ [FZX750(3XF)]

スローが安定すると、とっても気持ちが良い。
それで仕上げにプラグを新品にしようと思ったが、魔の3番シリンダーが憂鬱を呼び起こす。

PICT0002.JPG


PICT0001.JPG


手持ちの様々なプラグ用ソケットを組み合わせ、あーでもない・こーでもないと悶絶し、毎回苦労するのが3番プラグだった。
チョットでも長ければ入らないし、入る長さのだったら回せないし、あーもう!

ただでさえやり難い4気筒の内側2ヶ所なのに、事も有ろうに3番の手前上には、サーモスタット・ケースが鎮座している。
だったら車載工具にプラグレンチ(3番だけには使えない)なんか付けるなよな・・・

こうなったら作ってやる、FZX御用達のを。
早速一番安い(どうせ加工するし)キタコの18mm専用プラグレンチと、100均で差し込み6.3sq(1/4インチ)角のラチェットレンチを買ってきた。

いきなり新品のプラグレンチをぶった切り、適当な6.3sqのソケットを溶接するのだ。

2PICT0003.jpg


ワハハ、どうだ・参ったか!
なんて内心叫びながらプラグを交換するのだが、迷いなくNGKの標準 DPR8EA-9 を使う。
鈍感故「気」がするだけの私には、イリジウムとかを必要としないなぁ~

DSCN2237.JPG


エンジンが軽やかに吹けると、逆にあまり回さなくなっていた。
全くアクセルを煽らなくて良いし、スローのメカノイズを味わっていたいから。

何時の間にか秋ヶ瀬公園まで、乾いた落ち葉が舞い散る晩秋。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

複合技で来るね [FZX750(3XF)]

やっぱり単純じゃないよね、あれをこうしたら=解決・なんて。

PICT0011.JPG


もうキャブの取り外しは慣れてきて、最初に悩んだのがウソみたい。
あっという間にインシュレーターの交換が終わり、しみじみと旧を観察してみる。
長年ご苦労様でしたとしか、言いようの無いお姿。

img057.jpg


PICT0024.JPG


油面の合わせに、毎回直定規を使うのは面倒だ。
だから規定フューエルレベルを、ミキシングチャンバーにケガいた。

これでタンクを戻し電磁ポンプを駆動させての、実油面合わせが楽になった。
吊るしサブタンクの時とは若干違うね(若干が嬉しくなる、困った輩)

PICT0002.JPG


フロートアームのクリアランスは最初6.1~6.3mmだった。
チョッと薄めにしたかったので、+0.5mmで調整し始めたけど楽しいね(だから困った・・・)

四つが大体揃ったぞ ^^v   


PICT0023.JPG


中華?電磁ポンプも一応は使えるみたいだ。
ただ、IN(吸い込み)を低い位置に設定した方が安定するし、作動音はチョッと甲高いし・・・

何時まで持つかな~使命感に燃える人柱なのだ。

PICT0027.JPG


ポンプ・キャブ・インシュレーター、やっと安定してきた。
          が
4連キャブが奏す滑らかなアイドリング音を聞きつつ、錆びっぽいネジをタップでさらう。
無理はしない、「旧いバイクはこれだから」なんて解かっているけど。

やっと外装を戻す気になっても、やっぱり簡単にはさせてくれない。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

今度は徹底的に [FZX750(3XF)]

エンジンの調子が今一つだと、どうしてもそのままにしておけない。
特に燃料ポンプがおかしい。
アイドリング時でも動きが突然早くなり、本体が過熱するほどになる場合が有った。
単独で動作させてみるが、排出口を指で塞いでも止まらないのだ。

DSCN2180.JPG


それで悩んでいたら、正にこれだ!って動画を見つけた。

https://youtu.be/jZDub9xT-qI

キャブレター用電磁ポンプの排出圧は0.2kgf/㎠程度らしいから、水柱表示に変換すれば2m・要するに落差2mに相当する。(とりあえずガソリンを水に見立てて)
普通の落差式燃料タンクより、チョッと高い位置から燃料を送っている設定だね。
だからポンプの排出口を指で塞ぐ程度で止まるのが正常だ。

これはもうポンプの交換だ。でも純正の17,820円は躊躇するし、オークションの中古はどうもね。
それでこんな汎用ポンプにしてみた。

DSCN2188.JPG


ノズルの形状は違うけど、本体自体はポン付けで済んだ。
後はホースの取り回しで何とかなった。

PICT0003.JPG


所がポンプが正常だと、今度はキャブの調子が今一つに思われた来た。
ポンプの鼓動に今度は違った違和感を感じたので、これはキャブ側の問題だなと。
こう言った場合は、電磁ポンプタイプの方が分かり易いかもね。

もうこの際だからキャブを全バラにして、前回問題無いように見えた個所も、徹底的に見直してみよう。特にニードルバルブの摺り合わせを入念に。
ピカールを光明丹にも兼ねさせ、当たり具合を確かめつつ、そうは言っても先端がゴムだから程々だね。

DSCN2205.jpg


無題.jpg


キャブ同士を繋ぐニップルに使われているOリングもボロボロだったから、これも汎用のJIS規格品に取り換えておこう。
モノタロウなんかだと、単価16円のP-6で十分使える。
純正番号では 36Y-14147-00 になるけど、もうね、なんかね。
海外サイトで確かめると純正の材質はバイトンらしいけど、汎用のNBR(ニトニルゴム)だって普通に大丈夫さ。

*「不明なノズル(何だろう?)」は流用画像と言う事もあり無視で

DSCN2214.JPG


4連キャブの組み立てには定盤が欲しい所だけど、自宅にそんなものは無い!
だからテカテカの御影石をその代わりにし、差し金で様子を見ながら組み上げた。

スタータープランジャーまで綺麗にしたかったからだけど、その必要が無ければ全バラはやりたくないよね~こんな時は単気筒のSTは楽だなと思う。

DSCN2216.JPG


サブタンクは電磁ポンプの排出圧を考慮し、こんなモンかな・の高めにセットした。

改めて思う、アイドリングの燃料消費って結構な量だなと。
アイドリングストップが一般化するのも分かる。

DSCN2224.JPG


再度油面確認からやり直したが、フロートは弄ってないので良い感じだった。

DSCN2227.JPG


バキュームゲージを再度セットし、キャブの同調も確認した。
出来るだけ同調スクリューは触らずにいたが、やっぱり全バラ後は狂いが出てくる。
でもね、この同調作業って結構楽しいから、病みつきになるよ。

DSCN2230.JPG


うーん、こんなモンかな・・・
歯切れが悪いのはまた別な疑惑が生じたから。
今度は2次エアーを吸い始めた感じだ。

何度もキャブを脱着していたら、ご老体のインシュレーターもそろそろ限界かもね。
明日試乗してみて決定しよう、ここまで来たら徹底的にやるぞ!

旧いバイクだから、予想していたとは言え手間がかかるよね・・・それが良いのだ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

フェンダーレス [FZX750(3XF)]

色々と考えたが、如何にも改造しました!より、やっぱり出来るだけノーマル風が良いな。
せっかく有る工具スペースや、純正のウインカーもそのままにしておきたい。

DSCN2171.JPG


ごめん、切らせてくれ。で、ノーマルのフェンダーをカットした。
結構なくたびれ具合だし、オークションで出品が有るのも確信したし・・・

ナンバープレートがどうにも決まらないので、アルミ板から補助プレートを切り出した。

DSCN2177.JPG


フェンダーはメッキ、それも所々錆びてるし、だから艶消しブラックにしておこう。
仮組してみたけど全然違和感が無い、ように、自分では思う、から良いのだ。

XJR?はこの際無いと言う事で・・・

DSCN2185.JPG


一時期ナンバー灯のLED化も考えたが、やっぱり自然な電球光が好みだな。
暗くなってから配光具合を確かめてみた。うん、良い感じだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -